アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 瀧本美織、新作ミステリー『刑事ゼロ』沢村一樹のバディ役

瀧本美織、新作ミステリー『刑事ゼロ』沢村一樹のバディ役

 女優の瀧本美織が、1月期のテレビ朝日系木曜ミステリー『刑事ゼロ』(1月10日スタート、毎週木曜 後8:00※初回は2時間スペシャル〜後9:48)にレギュラー出演することが明らかになった。沢村一樹が演じる、刑事としての20年間の記憶を失った時矢暦彦(ときや・れきひこ)とコンビを組む新人刑事・佐相智佳(さそう・ともか)役。沢村とは初共演の瀧本は「“ゼロ“からまったく新しいものを作る意気込みでチャレンジしたい」と意気込んでいる。

【写真】その他の写真を見る


 同ドラマは、“記憶ゼロ”の刑事・時矢がズバズバと難事件を解決していく新ミステリー。記憶を失う前は、「京都府警に時矢あり」とまでいわれ、“デキる男”として通っていた時矢。幸か不幸か、刑事にまつわるすべての経験が“ゼロ”になったことで“五感”と“洞察力”が研ぎ澄まされた彼は、常識の枠にとらわれた以前の自分とはまったく異なる自由なアプローチで事件の謎を解明していく。

 そんな時矢とコンビを組むことになった智佳。念願かなって捜査一課に異動してきた新人刑事で、幸か不幸か、記憶を失う前の敏腕でスマートな“ビフォー時矢”が手がけた事件の調書を読み込み、頭の中にすべてインプットしていた。思いがけず“記憶喪失”という秘密を共有することになってしまった智佳は、時矢の記憶喪失が周囲にバレないよう、彼の“バックアップデータ”もしくは“取扱説明書”の役割を担うハメに…。

 沢村は「何より “目ヂカラ”がスゴイですね。まっすぐな瞳をしている」と、瀧本のひたむきな眼差しを絶賛。「僕が演じる時矢は、瀧本さんふんする佐相刑事がいないと成立しない役。2人はギクシャクしたり、噛み合っていなかったりしますが、とにかく今までの刑事ドラマではありえない、面白いコンビになると思います」と、これまでにないコンビの誕生に期待を膨らませる。

 瀧本も「沢村さんはカッコいいのに面白い一面があって、しかも幅広い役柄をこなす、“なんでもできる俳優さん”! まさに理想のタイプかも…(笑)。今回の初共演が本当に楽しみです」と、かねてから沢村にリスペクトを寄せていたことを告白。「時矢刑事の影響を受け、頭でっかちだった智佳が、よい意味で柔軟になって、成長していくのではないかな。この2人のやりとりは面白くて、私の“ツボ”に入りまくりです。皆さんもぜひ事件を推理しながら、私たちのかけあいを楽しく見ていただけたらと思います」とアピールしている。



関連写真

  • 1月期のテレビ朝日系木曜ミステリー『刑事ゼロ』(1月10日スタート)でコンビを組む沢村一樹と瀧本美織(C)テレビ朝日
  • 1月期のテレビ朝日系木曜ミステリー『刑事ゼロ』(1月10日スタート)でコンビを組む沢村一樹と瀧本美織(C)テレビ朝日

オリコントピックス