アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 松田翔太『家売るオンナの逆襲』で北川景子のライバルに 仕事は完璧の“クールドジ男”

松田翔太『家売るオンナの逆襲』で北川景子のライバルに 仕事は完璧の“クールドジ男”

 俳優・松田翔太が、来年1月スタートの日本テレビ系連続ドラマ『家売るオンナの逆襲』(毎週水曜 後10:00)に出演することが4日、明らかになった。主演の北川景子が演じる三軒家万智の最強のライバルで、“家売るオトコ”の留守堂謙治(るすどう・けんじ)に起用された。

 同ドラマは、天才不動産ウーマンの万智が顧客の事情に首をつっこみながらも問題を解決し、華麗に家を売りまくる痛快ストーリー。コミカルかつ破天荒でクールなキャラクターや決めぜりふ「GO!」、「私に売れない家はない!」などで人気を集めた。2016年7月期に連ドラ、昨年5月にスペシャル版が放送され、約2年ぶりの復活となる。

 留守堂は、フリーランスの不動産屋で、人間味あふれる方法で家を売っていく。仕事は完璧にこなすが、Tシャツの裏表を逆に着るなど、クールドジ男。ある時は客を横取りしたかと思えば、突然、万智の手助けをするなど、ミステリアスな存在。さらに万智との間にある“秘密”や、近づいた目的も明らかになっていく。

 留守堂の登場で、結婚した万智と屋代(仲村トオル)の仲は大いに乱される。なんだかんだで万智が気になる庭野(工藤阿須加)も含め、新キャラの登場で、仕事も恋も嵐の予感を感じさせる。

 松田は「セカンドシーズンからの参加ということで、多少の不安もあるのかと思いましたが、北川さんからの歓迎のお言葉も相まって、とても素直な気持ちでこのチームに参加できそうです」と意気込み。松田を迎える北川も「松田さんでイメージしながら台本を読みましたが、美しく、ノーブルな松田さんがシリーズ続編に力を貸して下さりとても心強いです」と期待を寄せている。

■キャストコメント全文

松田翔太
プロデューサーの小田さんと、猪股監督にお会いした時から既に、このチームの豊かな愛情に包まれたいなと感じました。セカンドシーズンからの参加ということで、多少の不安もあるのかと思いましたが、北川さんからの歓迎のお言葉も相まって、とても素直な気持ちでこのチームに参加できそうです。留守堂という役柄を楽しみに撮影開始を待ちたいと思います。「家売るオンナの逆襲」このタイトルがワクワクさせますね。よろしくお願い致します。

北川景子
万智のライバルの不動産屋さんを松田翔太さんが演じてくださることになりました!どこまでも美しく、オシャレで、ちょっとドジな留守堂謙治。松田さんでイメージしながら台本を読みましたが、美しく、ノーブルな松田さんがシリーズ続編に力を貸して下さりとても心強いです。これまで向かう所敵なしだった万智が今回のシリーズでは初めて負けを経験することになるのですが、負けても仕方ないと思える男です。台本のタイトル通り逆襲できるのか、注目していただきたいです。松田さんと共演させていただくのは8年ぶりです。 お会いできるのが楽しみです。



オリコントピックス