アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 『M-1』霜降り明星の影で… 和牛が“3年連続準V”に自虐「生まれ変わらないと優勝できない」

『M-1』霜降り明星の影で… 和牛が“3年連続準V”に自虐「生まれ変わらないと優勝できない」

 “平成最後”の漫才日本一を決める『M-1グランプリ2018』(ABC・テレビ朝日系)が2日に生放送され、霜降り明星が14代目王者に輝いた。4640組の頂点に立ち、最年少王者となった霜降り明星の影で“三年連続準優勝”と苦杯をなめたのは、優勝候補と注目を集めていた和牛だ。

 今回の決勝進出者は和牛、霜降り明星、ゆにばーす見取り図かまいたちスーパーマラドーナジャルジャルトム・ブラウンギャロップ、敗者復活戦から勝ち上がったミキの10組。ネタ披露の順番が「笑神籤(えみくじ)」による抽選で直前まで決まらないシステムが今年も採用され、和牛はトリに選出。ファーストラウンドを霜降り明星(662点)に次ぐ、2位(656点)で通過した。

 ジャルジャルを含めた3組で戦ったファイナルラウンドは、漫才頂上決戦に相応しい名勝負だった。審査員の松本人志上沼恵美子富澤たけしの3票を集めたが、4票を獲得した霜降り明星に“あと1票”で敗れた。

 大会終了直後には『GYAO!』で配信された「M-1グランプリ2018 世界最速大反省会」に生出演。今大会の漢字一字を問われた水田信二は「『輪』。輪廻です。生まれ変わらないと優勝できない。生まれ変わって相方(川西賢志郎)と漫才をして『M-1』を獲りたい」と自虐的に語りつつ「今年こそは(優勝)と思ったけど…」と悔しさをにじませていた。

 同大会は「日本一の漫才師を決める大会」として2001年にスタート。2010年の第10回開催で一旦終了し、2015年に5年ぶりに復活した。司会はお笑いタレントの今田耕司と女優の上戸彩が担当し、審査員はオール巨人、松本人志、上沼恵美子、中川家礼二、富澤たけし、立川志らく塙宣之の7人が務めた。



オリコントピックス