アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 霜降り明星、史上最年少『M-1』王者に万感「次の世代を作っていきたい」

霜降り明星、史上最年少『M-1』王者に万感「次の世代を作っていきたい」

 お笑いコンビ・霜降り明星が、2日に生放送された“平成最後”の漫才日本一を決める『M-1グランプリ2018』(ABC・テレビ朝日系)で優勝し、14代目王者に決定。4640組の頂点に立ち、賞金1000万円を獲得。史上最年少での『M-1』王者となったせいや(26)と粗品(25)。優勝後の会見で、せいやは「相方は楽屋で泣いていた。ばく大な結果過ぎて受け入れてられてないです」と驚きを隠せない様子だった。

【写真】その他の写真を見る


 2013年に結成した同コンビ。ラストイヤーで挑戦するコンビ、2年連続準優勝だった和牛を破っての優勝。史上最年少という結果には、それぞれ万感の思いを込めた。「お笑い界の高齢化が…と言われている中で、20代のコンビが優勝できて気持ちが良かったです。最年少がどうというよりは、みなさんに勝てたのがうれしい」(粗品)「26歳でチャンピオン夢にも思ってなかった。若さを存分に出して、近年、ベテランの方が面白いと言われている中で、若い力も粗いけど面白いんやぞっていうことで、次の世代を作っていきたい」(せいや)。

 ファイナルは和牛、霜降り明星、ゆにばーす見取り図かまいたちスーパーマラドーナジャルジャルトム・ブラウンギャロップ、敗者復活戦から勝ち上がったミキの10組が出場。ネタ披露の順番が「笑神籤(えみくじ)」による抽選で直前まで決まらないシステムが今年も採用され、出場者たちは常に舞台裏で待機。トップバッターは見取り図、トリは和牛が務めた。

 ファーストラウンドでは、高得点順に霜降り明星(662点)、和牛(656点)、ジャルジャル(648点)の3組がファイナルラウンドに駒を進めた。霜降りは1本目で「豪華客船で世界1周したい」というネタ、ファイナルラウンドでは「小さい頃がなつかしい」とのフリからのネタを展開。せいやのボケと粗品のツッコミが冴えわたり、審査員7人のうちの4票を獲得し、3票だった和牛に競り勝った。

 同大会は「日本一の漫才師を決める大会」として2001年にスタート。2010年の第10回開催で一旦終了し、2015年に5年ぶりに復活した。司会はお笑いタレントの今田耕司と女優の上戸彩が担当し、審査員はオール巨人松本人志上沼恵美子中川家礼二富澤たけし立川志らく塙宣之の7人が務めた。

■M-1グランプリ 優勝者一覧【参加組数】
2001年度 中川家【1603】
2002年度 ますだおかだ【1756】
2003年度 フットボールアワー【1906】
2004年度 アンタッチャブル【2617】
2005年度 ブラックマヨネーズ【3378】
2006年度 チュートリアル【3922】
2007年度 サンドウィッチマン【4239】
2008年度 NON STYLE【4489】
2009年度 パンクブーブー【4629】
2010年度 笑い飯【4835】
2015年度 トレンディエンジェル【3472】
2016年度 銀シャリ【3503】
2017年度 とろサーモン【4094】
2018年度 霜降り明星【4640】



関連写真

  • 『M-1グランプリ2018』を制した霜降り明星 (C)ORICON NewS inc.
  • 優勝トロフィーにキスした霜降り明星 (C)ORICON NewS inc.
  • 『M-1グランプリ2018』の司会を務めた今田耕司 (C)ORICON NewS inc.
  • 『M-1グランプリ2018』の司会を務めた上戸彩 (C)ORICON NewS inc.
  • 『M-1グランプリ2018』を制した霜降り明星 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス