アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • アンジャッシュ渡部も知らなかった 中学時代の大谷翔平を圧倒した天才投手

アンジャッシュ渡部も知らなかった 中学時代の大谷翔平を圧倒した天才投手

 2日放送のTBS系ドキュメントバラエティー『消えた天才』(後7:00)では、“世界の大谷翔平に勝った同世代の天才たちは今”と題し、過去に大谷翔平選手(エンゼルス)を倒した天才たちを追跡。中学時代の大谷を圧倒し、アマチュア野球に精通するスタジオゲストのアンジャッシュ・渡部建も知らなかった天才投手を取り上げる。

 その天才について、中学の日本代表チームでともにプレーした藤浪晋太郎投手(阪神)は、「洗練された投球」「スタイルも投球の精度も(中学で)仕上がっていた」と、その実力を認め、「勝っていたのは身長くらいだった」と、冗談交じりに苦笑。

 藤浪も認める天才のスゴさは、2009年に開催された中学の全国大会で知れ渡った。当時、東京代表のエースとしてマウンドに上がった天才は、岩手代表のメンバーだった大谷と対戦。この頃から強打者として注目されていた大谷を凡打で抑えるなど、最速142キロの速球を武器に完封で勝利した。その後も天才はエースとして全国の強打者を打ち取り、チームを全国優勝に導いた。さらに、この大会で天才は最優秀選手にも選ばれた。

 その後、天才は中学の日本代表にも選出。藤浪との2枚看板で世界の強豪相手に大活躍を見せた。

 そして、中学卒業後、天才は神奈川の強豪・桐蔭学園に進学。しかし、天才の野球人生は高校を最後に途絶えた。番組のインタビューに応じた天才は、プロに進もうと思っていたが断念した理由を語り、その裏に大谷の存在があったことを明かす。「(大谷に)勝ちたいという思いが強いほど、その代償は大きくて…」そこには、ライバルが偉大すぎたがゆえの悲劇があった。



関連写真

  • 12月2日放送、TBS系ドキュメントバラエティー『消えた天才』中学時代の大谷翔平を凡打に抑えた天才投手は今(写真提供:TBS)
  • 大阪桐蔭の同級生について語る藤浪晋太郎投手(阪神)(写真提供:TBS)
  • スタジオゲストのアンジャッシュ・渡部建(C)TBS

オリコントピックス