アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 市川海老蔵、“ブログ”きっかけで月9初出演 『SUITS』でオリジナルキャラ熱演

市川海老蔵、“ブログ”きっかけで月9初出演 『SUITS』でオリジナルキャラ熱演

 歌舞伎俳優の市川海老蔵が、12月10日、17日放送のフジテレビ系連続ドラマ『SUITS/スーツ』(毎週月曜 後9:00)の第10話と11話(最終話15分拡大)にゲスト出演することがわかった。海老蔵にとって同局連ドラ、および月9出演はこれが初めて。いよいよ佳境を迎える物語の鍵を握るエリート検事・澤田仁志を演じる。

 海外版『SUITS』の大ファンである海老蔵は「(日本版の)第1話を拝見させて頂いたあとすぐブログで『通行人でもいいから出たいな』と書かせていただきました。今回、このドラマにオファーがきて本当に驚いてます」と喜びのコメント。実はこの海老蔵のブログが後藤博幸プロデューサーの目に留まり、キャスティングが実現した。

 全米メガヒット『SUITS』を原作とした同ドラマは、主演の織田裕二演じる“勝つためには手段を選ばないエリート弁護士”と、中島裕翔演じる“その日暮らしの天才フリーター”という、相いれることのない凸凹な二人がバディを組み、数々の難解な訴訟をあらゆる手段で解決していく、痛快弁護士エンターテインメント。

 澤田は最高検察庁の監察指導部(検察庁職員の違法・不適正行為に関する内外からの情報を把握・分析し、必要に応じて事実関係の調査を行う部署)に属しており、織田演じる甲斐正午が以前検事だった頃の後輩。今回、最高検察庁・次長検事の柳慎次(國村隼)と検事時代の甲斐との間の秘密を調査するために甲斐に近づく。後藤プロデユーサーいわく「海老蔵さんをイメージして作った完全オリジナルキャラクター」として登場する。

 海老蔵は、原作と比べ「大まかな流れは海外版と似ていると思いますが、海外版とは切り離して見たほうが楽しめる作品なのではないかと思います。織田裕二さんや鈴木保奈美さんをはじめとしたキャストの皆さんの世界観で作り上げられている『SUITS/スーツ』で、日本の月9らしいオリジナリティーもある作品という印象です」と日本版ならではの魅力を感じているよう。

 「最終話まできますと、織田さんや鈴木さんをはじめとした皆さんの作りあげた日本版『SUITS/スーツ』を楽しみにされている視聴者の方もたくさんいらっしゃると思います。さらに皆さんに楽しんで頂けるよう、通行人よりもはるかにいいお役ですが、頑張りたいと思います!」と意気込んでいる。



オリコントピックス