アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • 桜井日奈子&磯村勇斗、キンプリ平野いないところで“天然キャラ”イジり

桜井日奈子&磯村勇斗、キンプリ平野いないところで“天然キャラ”イジり

 女優の桜井日奈子(21)と俳優の磯村勇斗(26)が28日、都内で行われた映画『ういらぶ。』大ヒット御礼トークショーに出席。主演であるKing & Princeの平野紫耀がいないところで「ネガティブもポジティブも多分わからない。言葉が」と彼“天然キャラ”をイジリつつ、撮影現場では「つらい環境でもネガティブな言葉は一切なかった」と弱音を吐かない人柄の良さを伝えた。

【写真】その他の写真を見る


 原作は、星森ゆきも氏の少女漫画『ういらぶ。―初々しい恋のおはなしー』で、「幼なじみのことが大好きすぎて好きと言えない」凛と優羽の姿を描いた物語。ドSのフリをする“こじらせ男子”の主人公・凛を平野、凛のせいでネガティブ思考になってしまったピュアなヒロイン・優羽を桜井、2人の幼なじみで優しく見守る“オカン系男子”蛍太を磯村が演じる。

 トークショーはSNSで募集した質問やリクエストの紙をボックスからキャストが引き答える形式で展開。「共演者の第一印象、撮影後の印象の変化」を引くと、平野について語ることになり、磯村は「ちょっと強面のタイプかなと思った。会うまではオラオラしているイメージ。でも、…違うじゃん?」と、桜井に同意を求めると「全然違うね! すごく物腰が低くて」と告白。

 続けて磯村は「芝居に対して真剣で、そして、天然じゃん」と笑わせると、桜井は「私は『顔ちっちゃ!』と思った。『ここと並ぶのか…』と正直思いました」と照れ。さらに「その印象は最後まで変わらず、一緒に共演してみて人柄がいいのはみんな感じていたし、どんなにつらい環境でもネガティブな言葉は一切なかった」と振り返っていた。

 そんな平野は先日同映画の別のイベントで「ねぎらうってなに?」と司会者に聞く一幕があり、天然キャラを発揮。そのキャラを受けて磯村は「ネガティブもポジティブも多分わからない。言葉が」と本人がいないところでイジリ会場を笑わせた。



関連写真

  • キンプリ平野の天然キャラをイジった(左から)桜井日奈子、磯村勇斗 (C)ORICON NewS inc.
  • 桜井日奈子 (C)ORICON NewS inc.
  • 磯村勇斗 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『ういらぶ。』大ヒット御礼トークショーに出席した(左から)桜井日奈子、磯村勇斗 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『ういらぶ。』大ヒット御礼トークショーに出席した桜井日奈子 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『ういらぶ。』大ヒット御礼トークショーに出席した桜井日奈子 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『ういらぶ。』大ヒット御礼トークショーに出席した磯村勇斗 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス