アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • ゲーム
  • プレステ、『クラシック』体験会で感じた“功績” 20代には新鮮? 格ゲー十字キー操作も

プレステ、『クラシック』体験会で感じた“功績” 20代には新鮮? 格ゲー十字キー操作も

 家庭用ゲーム機『プレイステーション』(以下、プレステ)の復刻版で、12月3日に発売される『プレイステーション クラシック』(PSクラシック)。先月、収録タイトル20作品が発表されるとネット上でも大きな話題となった。その『PSクラシック』のメディア向け体験会が先日行われ、筆者である30歳男性記者がプレイ。「初期のコントローラはスティックがなかったな」「十字キーだけで、格ゲーするのは違和感ある」「『アークII』のコンバートシステムやギルドのクエストは、今のほとんどのゲームのベース」「『バイオ』のラジコン操作が慣れない」など、ゲームの歴史や同機がもたらした功績の大きさについて感じたことをレポートとしてまとめた。

【写真】その他の写真を見る


 1994年12月3日に発売した『プレステ』は、当時では革新的な3DCGのリアルタイム描画を実現し、記憶媒体にCD-ROMを採用することでソフトの大容量化を可能にした90年代のゲーム業界に大きな影響を与えたゲーム機。今回発売となる『PSクラシック』は、初期に発売された物の外見やボタン配置、コントローラのデザイン、外箱パッケージのデザインをほぼそのままに、本体をコンパクトにして復刻したもの。体験会は1時間という限られた時間であり、今回は筆者も当時プレイし今のゲームに大きな影響を与えたと思う『アークII』、『バイオ』、『鉄拳3』をプレイした。

■SCE三大RPG『アークII』クエスト&初のコンバート機能など現代ゲームの原点

 はじめにプレイしたのは96年11月に発売されたシミュレーションRPG『アークII』。これは95年6月に発売された前作『アークザラッド』(アーク)の続編で、小説や漫画、テレビアニメ化もされている作品。大きな特徴は、折笠愛、池田秀一、坂本千夏といった豪華声優陣によるキャラクターボイス演出、100時間は軽く超える無数のやりこみ要素、そして『プレステ』としては初めて前作のメモリーカードのデータをコンバート(引継ぎ)できるシステムを取り入れた作品ということだ。

 まず、ゲームタイトルが出るとボタンを押さずに放置し、今でもテレビの情報番組、バラエティー番組などで流れるテーマ曲を堪能。ゲームをプレイしていない人でも、一度は耳にしたことがあるはずだ。色あせない曲を聞いた後でゲームを進めて行くと、主人公・エルクを操作してハンターズギルドへ。

 このギルドでは指名手配モンスター討伐、『迷子の子ども捜し』『先祖の宝捜しを手伝って!』など依頼を請け負うことでサイドストーリーを楽しめる。今のゲームでよく見かけるクエストシステムを想像してもらうといいだろう。今回はストーリーの都合上、自分で依頼を選べないが、「空港に現れた敵を退治せよ」という形で依頼を引き受け空港へ向かい初の戦闘をすることに。

 戦闘はマス目状に区画してある戦闘マップ上に配置された味方キャラを動かし、敵を攻撃して撃破するというシステム。移動や攻撃する際に、当時のRPGとしては珍しく『機動戦士ガンダム』シャア役の池田秀一、『となりのトトロ』メイ役の坂本千夏などといった豪華声優陣によるキャラクターボイスが流れ、一層楽しむことができる。

 今回は池田が演じたシュウが仲間になるところまで進めたが、先にストーリーを進めると、前作『アーク』に登場してきた主人公・アーク、ククル、トッシュなどメインキャラが全員仲間になる。『アーク』ゲームクリア時にセーブしたデータはキャラのレベル、入手したアイテムなどの要素を『アークII』に引き継ぐ(コンバート)ことができ、『PSクラシック』にも収録されているためコンバートも可能なので、『アーク』もあわせてプレイすることをおすすめする。

 今でこそゲームデータを引き継いで、プレイするゲームに反映するシステムは珍しくないが、この試みは『プレステ』では初であり、『プレステ』で発売しているゲームすべての原点といっても過言ではない。前作『アーク』をせずにいきなり『アークII』をプレイした筆者は、強いキャラを仲間にしたい一心で『アーク』をプレイしたのが懐かしい。

■『鉄拳3』コンパニオン2人の対戦で気づいた『コントローラー』の進化

 次にプレイしたのは格闘ゲーム『鉄拳3』。97年に稼働したアーケード版を98年に『プレステ』でできるようにしたもの。最近テレビアニメが放送され90年代の闘ゲーなどを題材にした『ハイスコアガール』でも登場する『鉄拳』のシリーズ3作目にあたる。

 1人プレイをしようとしたが、やはり醍醐味はプレイヤー同士の対戦。20代半ばの女性コンパニオンさんにお願いして、対戦を申し込んだ。しかし、やり込んだ自分と格ゲー経験が少ないというコンパニオンさんの対戦では、一方的な試合展開で申し訳なく感じ、別の同じ20代半ばの女性コンパニオンさんにお願いして2人で対戦してもらうことにした。

 「イケメンキャラがいいかな?」「この子、強そう」などとキャラクター選択画面でキャッキャする姿は、すでに「吉光」という愛用キャラがいる自分にとっては忘れていたキャラ選択で楽しむ光景であった。そんな2人はニーナとキングを選択して1戦目。

 「どうやって技が出せるの?」「ボタン押していればそのうち出るでしょ。連打、連打、連打―!」とお互いやり合いながら、ニーナを使ったコンパニオンさんが連取。負けた側から「イケメンじゃないとダメだ!」と再戦があり、花郎(ファラン)とロウで2戦目。

 2戦目は操作方法に慣れたのか、お互い1戦ずつ勝ち最終戦へ。花郎の「デスプレッシャー」「ボールブレーカー」、ロウの「ドラゴンスタンプ」などが飛び出る中、ロウを使った先程負けたコンパニオンさんが勝利してリベンジを達成。2人に感想を聞くと「格ゲーはあまりやったことないですが、ストレス発散で楽しかった」「古いゲームですが、今やっても楽しい」と満足。

 さらに「ゲームセンターで何回か格ゲーはしたことがあるのですが、『プレステ』のコントローラでスティックを使わずに十字キーだけでやるのは初めて。すごく新鮮でした!」と驚いたという。確かにゲームセンターでやる時はレバー操作でグルグル動かしながらプレイし、今の家庭用ゲーム機でもスティック操作でプレイする。しかし今回の『プレイステーション クラシック』はスティックがないため十字キー操作だ。 スティック操作ができ、振動付きのコントローラ「DUALSHOCK」が97年12月に発売されており、彼女たちが物心ついて色んなゲームを始めた時には、コントローラにスティックがあるのは当たり前で、存在しない物の方が珍しい。「当時の人はどうやって技のコンボを繰り出したのか?」と疑問に思うのも無理はない。深く考えたことはなかったが、ゲーム機が進化する度に、コントローラも進化している歴史に改めて気づいた瞬間であった。

■『バイオハザード』悪戦苦闘の“ラジコン操作” 独特な操作も世界的人気作

 貴重な意見と発見をくれたコンパニオンさんにお礼をいい、97年9月に発売されたホラーアクションアドベンチャーゲーム『バイオハザード ディレクターズカット』をプレイ。同作は96年に発売された『バイオハザード』に新たな要素を加えたもので、初心者でも攻略しやすくした「ビギナーモード」、難易度を上げた「アレンジモード」などがあり、誰でも楽しめるようになっている。

 同シリーズを小学生のころ友人の家で30分ほどしかプレイしていない筆者は、「あー、これがラジコン操作というやつか…」と操作方法に悪戦苦闘。

 一般的にゲームは上に行きたいなら十字キーの上を、右に行きたいなら右のボタンを押すシステムだが、『ラジコン操作』とゲーマーの間で呼ばれているものはラジコンカーを動かすように、「キャラの目線から見てどっちの方向に行きたいか」を入力する操作方法。そのため、下に移動したくて十字キーの下を押しても、キャラの目線が違う方向だった場合、下には移動せず違う方向に動いてしまう。

結局、操作方法に慣れるまで時間がかかり、体験時間が終了して物語の途中で中断。心残りであったが、それでも感じたのはゲームの数だけ、独特な操作方法やシステムがあるということ。操作が難しかった『バイオハザード』も、売上げを見れば国内で100万本以上を売り上げており、実写映画化もされ長く支持されている。 初代『プレステ』から24年経って発売される『プレイステーション クラシック』をプレイしてみて、依頼をこなしてサブストーリーを楽しむ「クエストシステム」、コントローラの進化、そして、操作方法などゲームの歴史と進化を体験した1時間だった。

■『プレイステーション クラシック』収録20タイトル
・『アークザラッド』
・『アークザラッドII』
・『ARMORED CORE』
・『R4 RIDGE RACER TYPE 4』
・『I.Q Intelligent Qube』
・『GRADIUS 外伝』
・『XI [sai]』
・『サガ フロンティア』
・『Gダライアス』
・『JumpingFlash! アロハ男爵ファンキー大作戦の巻』
・『スーパーパズルファイターIIX』
・『鉄拳3』
・『闘神伝』
・『バイオハザード ディレクターズカット』
・『パラサイト・イヴ』
・『ファイナルファンタジーVII インターナショナル』
・『ミスタードリラー』
・『女神異聞録ペルソナ』
・『METAL GEAR SOLID』
・『ワイルドアームズ』

(C)1995 Sony Interactive Entertainment Inc.
(C)1996 Sony Interactive Entertainment Inc.
(C)1997 FromSoftware, Inc. All rights reserved.
(C)1998 BANDAI NAMCO Entertainment Inc.
(C)1997 Sony Interactive Entertainment Inc.
(C)Konami Digital Entertainment
(C)1985 2006 Konami Digital Entertainment Co.,Ltd.
(C)1998 Sony Interactive Entertainment Inc.
(C)1997 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
ILLUSTRATION:TOMOMI KOBAYASHI
(C)TAITO CORPORATION 1986,1998 ALL RIGHTS RESERVED.
(C)1995 Sony Interactive Entertainment Inc.
(C)CAPCOM CO., LTD. 1996 ALL RIGHTS RESERVED.
(C)1998 BANDAI NAMCO Entertainment Inc. ”GON”(C) 田中政志/ 大元メディア
(C)1994 1995 1996 1999 2001 2004 NAMCO LTD.,ALL RIGHTS RESERVED.
(C)TAKARA CO.,LTD.1995.
(C)CAPCOM CO., LTD. 1996, 1997 ALL RIGHTS RESERVED.
(C)1998 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved./原作:瀬名秀明『パラサイト・イヴ』(角川ホラー文庫刊)/CHARACTER DESIGN:TETSUYA NOMURA
(C)1997 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. CHARACTER DESIGN:TETSUYA NOMURA
LOGO ILLUSTRATION: (C) 1997 YOSHITAKA AMANO
(C)1997,1998,2015 SQUARE ENIX CO.,LTD. All Rights Reserved
CHARACTER DESIGN: TETSUYA NOMURA.
(C)1999 BANDAI NAMCO Entertainment Inc.
(C)ATLUS All right reserved.
(C)ATLUS (C)SEGA All rights reserved.
(C)Konami Digital Entertainment
(C)1996 Sony Interactive Entertainment Inc.



関連写真

  • 『鉄拳3』をプレイする女性コンパニオンさん (C)ORICON NewS inc.
  • 『鉄拳3』プレイ画像(C)ORICON NewS inc.
  • 『アークザラッドII』プレイ画像 (C)ORICON NewS inc.
  • 『アークザラッドII』プレイ画像 (C)ORICON NewS inc.
  • 『アークザラッドII』プレイ画像 (C)ORICON NewS inc.
  • 『アークザラッドII』プレイ画像 (C)ORICON NewS inc.
  • 『アークザラッドII』プレイ画像 (C)ORICON NewS inc.
  • 『アークザラッドII』プレイ画像 (C)ORICON NewS inc.
  • 『鉄拳3』をプレイする女性コンパニオンさん (C)ORICON NewS inc.
  • 『鉄拳3』プレイ画像(C)ORICON NewS inc.
  • 発売される『プレイステーションクラシック』(左)と初代『プレイステーション』(右) (C)ORICON NewS inc.
  • 発売される『プレイステーションクラシック』(左)と初代『プレイステーション』(右) (C)ORICON NewS inc.
  • 『I.Q Intelligent Qube』
  • 『JumpingFlash! アロハ男爵ファンキー大作戦の巻』
  • 『XI[sai]』
  • 『アークザラッド』
  • 『アークザラッドII』
  • アークザラッドIIのプレイ画像
  • アークザラッドIIのプレイ画像
  • アークザラッドIIのプレイ画像
  • 『ワイルドアームズ』
  • 『女神異聞録 ペルソナ』
  • 『スーパーパズルファイターIIX』
  • 『BIO HAZARD DIRECTOR'S CUT』
  • バイオハザードのプレイ画像
  • バイオハザードのプレイ画像
  • バイオハザードのプレイ画像
  • 『グラディウス外伝』
  • 『METAL GEAR SOLID』
  • 『パラサイト・イヴ』
  • 『サガ フロンティア』
  • 『ファイナルファンタジーVII インターナショナル』
  • 『Gダライアス』
  • 『闘神伝』
  • 『鉄拳3』
  • 『R4 RIDGE RACER TYPE 4』
  • 『ミスタードリラー』
  • 『ARMORED CORE』
タグ

オリコントピックス