ドラマ&映画 カテゴリ

【ドラマ満足度】戸田×ムロ『大恋愛』が今期最高を記録、「ぎぼむす」との共通点も

 戸田恵梨香が主演する金曜ドラマ『大恋愛〜僕を忘れる君と』(TBS系)が好評を得ている。視聴率はこれまで放送した全6話の内、4話で平均2ケタを記録(ビデオリサーチ調べ/関東地区)。視聴率が上々であることに加え“内容面”でも支持を集めており、視聴者を対象に実施するドラマ満足度調査「オリコン ドラマバリュー」では、現時点で10月期最高となる満足度96Pt(100Pt満点)をマークしている。その推移においては、前7月期に放送され人気を博した同局系火曜ドラマ『義母と娘のブルース』と似ているところがある。

【写真】その他の写真を見る


◆「ぎぼむす」と同様、初回から5話まで右肩上がりで推移

 本作は“ラブストーリーの名手”である脚本家・大石静氏が紡ぐオリジナル作品で、若年性アルツハイマーにおかされる女医の北澤尚(戸田恵梨香)と彼女を明るく健気に支え続ける元小説家・間宮真司(ムロツヨシ)の10年にわたる愛の奇跡を描いた純愛物語。放送前から視聴者の関心を集め、週刊エンタテインメントビジネス誌『コンフィデンス』が発表した「ドラマ期待度ランキング」(調査期間:9月11日〜18日)では、『下町ロケット』(TBS系)、『リーガルV〜元弁護士・小鳥遊翔子〜』(テレビ朝日系)に次ぐ「プライム枠」3位という位置につけていた。

 追い風とともに放送がスタート。満足度調査「ドラマバリュー」は初回74Ptを記録すると、2話が89Pt、3話が92Pt、4話が93Ptとぐんぐん上昇。そして、“第一章完結”と銘打った第5話で今期最高となる96Ptを叩き出した。第5話は軽度認知障害に侵される主人公・尚と恋人の真司が、1つの困難を乗り越え結婚するというストーリー。5話目の満足度を項目別に見ると、「主演」「その他キャスト」がついに20Pt満点となったほか、「話題性」(前話17Pt→18Pt)の高まりによって「視聴量」(前話18Pt→19Pt)も増加している。

 初回から5話にかけて右肩上がりの満足度の推移は、18年7月期放送の主なドラマを対象に審査した『第13回コンフィデンスアワード・ドラマ賞』の「作品賞」に輝いた、綾瀬はるか主演の『義母と娘〜』と類似。また、6話から“第2章”に突入するという点でも重なる。第2章のはじまりである(『大恋愛〜』の)第6話は93Ptと前話から微減してはいるものの、依然として90Pt台の高い満足度をキープしている。

◆新キャラの登場など、“章立て”することでメリハリある展開に

 娘を持つ男性と結婚したキャリアウーマンの主人公(綾瀬はるか)が、“本当の母”となるため一生懸命に娘を愛する10年間を描いた前期の『義母と娘〜』では、6話の第2章から佐藤健演じる“フーテンのダメ男”麦田章が主要キャラクターとして物語の中核に参入。新たな展開を迎えたことで「ドラマバリュー」は再び上昇し、“最終章”への突入を銘打った第9話で同作最高となる96Ptを記録。続く最終話(第10話)でも95Ptを獲得するなど、見事なエンディングを飾った。

 この“ヒットの法則”に習うように、『大恋愛〜』も第2章から小池徹平演じる新キャラクター・松尾公平が登場。公平は尚と同じく若年性アルツハイマー病の患者。一見、子ども好きで笑顔が爽やかな好青年だが、病気が発覚した途端に妻に去られ、生きがいである保育士という仕事も失いつつある状況で、その笑顔の奥に抱える闇は深い。この新キャラの登場に、視聴者からは「幸せな結婚生活をおくる2人の前に、新たな人物(小池徹平)が登場して波乱の予感。この先どうなるかドキドキする」(30代女性/東京)といった声が多数寄せられている。

 ちなみに、偶然にも『大恋愛〜』と『義母と娘〜』は“10年間の愛の物語”を描いているという点でも類似。最終話に向けて再上昇していった『義母と娘〜』のように、後半戦でのさらなる盛り上がりが期待される。

【「オリコンドラマバリュー」について】
 オリコングループの調査システム「オリコン・モニターリサーチ」の登録者から毎週、全国690名の視聴者を対象に、各ドラマの「期待度」「満足度」について、「作品」「主演」「主演以外」「セリフ」「映像」「音楽」「美術」「ストーリー展開」を10点満点で調査。「オリコンドラマバリュー」はその結果を、過去1年間のデータに照らして偏差値化した。「視聴量」「主演」「主演以外」「内容」という4項目に加え、Twitterのツイート量を加えた「話題性」の5項目を各1〜20ポイントとし、計100ポイント満点で集計している。

関連写真

  • 今期ドラマ満足度No.1を記録、TBS系金曜ドラマ『大恋愛〜僕を忘れる君と』第7話より (C)TBS
  • 第2章のキーマンを演じる小池徹平(右)、『大恋愛〜僕を忘れる君と』第7話より (C)TBS
  • TBS系『大恋愛〜僕を忘れる君と』と『義母と娘のブルース』の「ドラマバリュー」推移
  • 今期ドラマ満足度No.1を記録、TBS系金曜ドラマ『大恋愛〜僕を忘れる君と』第7話より (C)TBS
  • 今期ドラマ満足度No.1を記録、TBS系金曜ドラマ『大恋愛〜僕を忘れる君と』第7話より (C)TBS

提供元:CONFIDENCE

【最新号】コンフィデンス 2019年9月23日号 詳細はコチラ バックナンバー 一覧

最新号コンフィデンス2019年9月23日号

<COVER STORY>
鈴木貴歩氏(ParadeAll代表取締役)
日本のエンタメプレイヤーの人たちを
もっとグローバルにつなげていきたい

<SPECIAL ISSUE>
初秋の演歌・歌謡大特集 Part1
〜多面的に広がるアプローチ手法〜

お問い合わせ

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索