ドラマ&映画 カテゴリ

【インタビュー】宮藤官九郎×遠藤憲一「勉強させていただきました」

 来年の大河ドラマの脚本を担当する宮藤官九郎がいつの間にか書いていた脚本が、主演に遠藤憲一、各話のゲストに小栗旬・仲里依紗・加藤諒・高畑淳子・野村周平・水野美紀・高嶋政伸・桃井かおりを迎えて撮影され、番組名『遠藤憲一と宮藤官九郎の勉強させていただきます』として、12日よりWOWOWで放送がスタートした(毎週月曜 深0:00※第1話無料放送、全7話)。

【写真】その他の写真を見る


 物語の舞台は、刑事・諸井情(遠藤)が連続殺人犯を追うサスペンスドラマの撮影現場。ドラマの撮影は滞りなく終わったと思いきや、トラブル発生で撮り直しに!? だが、遠藤の共演者は既に現場にいない、という緊急事態。そこに、たまたま現れた俳優たち。代わりに出演をお願いしたらまさかの快諾。同じ物語の同じ役を、違う役者が演じたらどう変わるのか? 役者の演技力がドラマに予想外の化学反応を起こす(!?)、ワンシチュエーションコメディードラマ。いったいどんなドラマになりそうなのか、宮藤と遠藤に話を聞いた。

――観たことがないようなドラマになったのでは?

【遠藤】宮藤官九郎さんとガッツリ取り組めるのがうれしかったです。しかもWOWOWでワンシチュエーションコメディードラマのイメージがないから、新鮮でもあります。地上波の民放でもあまりないタイプのドラマをWOWOWでやるのか、と驚いてもらえるといいですね。

【宮藤】監督の伊藤征章さんとは『笑う犬』シリーズや『リチャードホール』のコント作家として猛勉強させていただいて、もう今さら勉強することはないかなと思っていましたが、本当に勉強になりました。今回は、同じせりふ、同じ演出、同じカット割りでも演じる俳優が変わると、全然違うものになる、という完成したイメージはあったのですが、それをどうやって脚本にしたらいいか、わからなくて。プレーンなTAKE1、アテ書きのTAKE2、設定と展開は変えず、2通りの台本を書くという形が決まってからは楽しく書くことができました。

――撮影が終わった後に不都合なことが起きるというのは、よくあることなのでしょうか?

【宮藤】けっこうあります。同じセットを使うシーンをまとめて撮ったりするので、台本どおりに編集すると前後とのつながりが悪いとか、言ってはいけない企業名を言っちゃってたとか、見えていけないものが写っていたとか。いいだろうそれくらい、そこまで観てないよ、って思うような細かいことまでいろいろありますよ。

【遠藤】確かに…。俳優側が気にすることもありますね。つながらないんじゃないか、って。それがデフォルメされているのがこのドラマ。撮り直したいのに役者が「すでに帰りました」っていうのが面白い(笑)。

【宮藤】さすがに、このドラマのように超高速で役者が帰ってしまって、その場に通りかかった役者に代役を頼むようなことはないと思いますけど(笑)。しかもその出演交渉を遠藤さんがする、という(笑)。あり得ないことなんですけど、毎回そうなっているのが面白いですよね。

――TEKE2は各話ゲストのキャラクターに合わせて当て書きされたそうですが、小栗さんをはじめすごい顔ぶれですね。

【宮藤】すごいですよね。なんで出てくれたんだろう、と思うくらいです。キャスティングが決まってから台本を書くので、出演を依頼した時は何の保証もないわけですよ。とんでもないことを書くかもしれないじゃないですか(笑)。今回は、できるだけ「はじめまして」の役者さんに出てもらおうと思っていました。結果的に、仲里依紗さんと加藤諒さん以外は、脚本家としては「はじめまして」の方々。

【遠藤】どんなことになるのか、想像もつかなかったのですが、宮藤さんに任せておけば絶対大丈夫だと思ったので、僕も即決でしたよ。みんな、そうじゃないですか? ただ、1カット1発で撮影するということもあって、ゲストの皆さんは全員が全員、緊張して現場に来ていました。「眠れなかった」って言って。本番前に自主的に集まって読み合わせもしました。「練習しよう」「やろう、やろう」って。そういう現場も珍しかったと思います。

――台本はどのように書き進めていったのですか?

【宮藤】例えば、桃井さんが出ることになったので、桃井さんで考えてくださいって、連絡が来て、伊藤監督と話し合いながら、桃井さんに何をやってもらったら面白いかを考えていきました。桃井さんは、パブリックイメージが強烈にありますが、なるべくそっちに寄らないように書きました。それからTAKE1を書くという作業でした。

 小栗くんが出ると決まったら、小栗くんと遠藤さんのどんなやりとりが観たいかを考えて。高嶋政伸さんは、視聴者の印象に近い感覚で、シンプルに見てみたいキャラクターを演じていただきました。高畑さんはこんな感じの人かな、と思って書いたら、「私、これよくわからなかった」と本人に全否定されましたけど(笑)。

【遠藤】高畑さんにぴったりのキャラクターでしたよ(笑)。パブリックイメージを上手に取り入れて書いているな、こういうところあるな、みたいな感じがよく出ていたと思います。

■「受け」に回っていい仕事をする2人

――演じてみて手応えは?

【遠藤】僕は一貫して受け芝居でした。連続ドラマでここまで受けばかりの役はなかったので、僕にとっても新鮮で、楽しくて、笑い転げながら勉強させていただきました。受けの芝居としてはまだまだだと痛感しましたが、磨きようがあるな、まだまだ知らない領域があるな、と自分自身の伸びしろを発見できたのが収穫。ただ一つ、乗り越えられなかったのは、ゲラなところ。もうちょっと吹き出すのを抑えられるとよかったんですが…。

――宮藤官九郎脚本=面白い、という期待がプレッシャーになることは?

【宮藤】プレッシャーはあんまり感じないですね。仕事を引き受けたからには、やるしかなくて、自信もない。だからこの『勉強させていただきます』も、僕は面白いと思ってるけど、皆さんがどう思うかは、正直、わからない。

【遠藤】宮藤さんにも失敗したな、と思う作品はあるんですか?

【宮藤】ん…、あるんじゃないかな。あると思います。いや、あります。でも、それが一番好きって言ってくれる人もいるし、自分ではすごく気に入っているのに、世間ではそうでもなかったり、微妙かな、と思っていたものがウケたり。一つのものさしでは測れない。作品としては評価されたけど興行がふるわなかったとか、その逆もあるし。ただ自分から「かましてやろう、面白いものを書いてやろう」っていうタイプではないです。それはすごく幸せなことなんですけど、僕も作家としては『受け』なんですよ、皆さんの意見をまとめてこれ出したらびっくりするだろうなって、どこか受けっていう意識があるのかもしれないですね。

■放送スケジュール
WOWOWプライム:11月12日スタート、毎週月曜 深0:00
※第1話の再放送
11月13日 深2:00
11月18日 前11:30
※1〜3話の一挙放送
12月2日 前10:00

■公式ホームページ
https://www.wowow.co.jp/special/012433


ヘアメイク:南里真衣
スタイリスト(遠藤担当):伊藤美恵子
スタイリスト(宮藤担当):ChiyO(CORAZON)

関連写真

  • WOWOWの新ドラマ『遠藤憲一と宮藤官九郎の勉強させていただきます』(11月12日スタート)(左から)遠藤憲一、宮藤官九郎 (C)ORICON NewS inc.
  • WOWOWの新ドラマ『遠藤憲一と宮藤官九郎の勉強させていただきます』(11月12日スタート)(左から)遠藤憲一、宮藤官九郎 (C)ORICON NewS inc.
  • WOWOWの新ドラマ『遠藤憲一と宮藤官九郎の勉強させていただきます』(11月12日スタート)(左から)遠藤憲一、宮藤官九郎 (C)ORICON NewS inc.
  • WOWOWの新ドラマ『遠藤憲一と宮藤官九郎の勉強させていただきます』(11月12日スタート)(左から)遠藤憲一、宮藤官九郎 (C)ORICON NewS inc.
  • WOWOWの新ドラマ『遠藤憲一と宮藤官九郎の勉強させていただきます』(11月12日スタート)(左から)遠藤憲一、宮藤官九郎 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索