アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • ネットで話題の“シャブ山シャブ子”Twitterに降臨 演じた江藤あやが写真公開

ネットで話題の“シャブ山シャブ子”Twitterに降臨 演じた江藤あやが写真公開

 7日放送のテレビ朝日系ドラマ『相棒 Season17』の4話で、わずか1分ほどの出演ながら強烈すぎるルックスと名前でネットを騒然とさせた“シャブ山シャブ子”。演じた女優の江藤あやが9日、反響を受けて自身のツイッターで“シャブ子”の写真を公開した。

 シャブ山シャブ子は名前の通り覚醒剤中毒者で、髪はボサボサ、目の焦点があっておらず、服もTシャツに短パンと明らかに異様な雰囲気の女性。番組終盤に登場し、電話中の生活安全部の刑事・百田(長谷川公彦)にフラフラと近づくと、右手に持っていたハンマーでいきなり百田を襲撃して殺害し、発狂したように「ワハハ!」と奇声を発した。続いての取調室のシーンで、名前を聞かれると「シャブ山シャブ子です!17歳です!」と言い放った。

 出演時間は短かったが、強烈なルックスと暴行シーンの怪演、そしてインパクトの強すぎる名前で視聴者の心に大きな印象を残した。ネット上では「ジャブ山シャブ子死ぬほど怖かった…」「シャブ山シャブ子のせいで最後のほう全然頭に入ってこなかった」と反響が続々。また、「演じたのは誰?」と女優探しの声もあがっていた。

 演じていた江藤は、オフィスMORIMOTOに所属する女優で、これまでに多数の映画や舞台に出演してきた。自身のツイッターでは、『相棒』放送までは自身が出演中の舞台『buzzfesttheater「黴-かび-」』の話題をつぶやいていたが、“シャブ山シャブ子”が話題になると、「昨日からシャブ山シャブ子がトレンド入りし何がなんだか嬉しい限りでございます」と感謝した。さらにシャブ山シャブ子の写真を公開すると、「素晴らしい演技でした!」「強烈過ぎました」など感想が寄せられている。

 シャブ山シャブ子が出演した第4話は、番組平均視聴率も15.2%と好調で、番組終盤に登場した「シャブ山シャブ子」を名乗る女の取り調べシーンでは最高値16.2%に達した(視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区)。



オリコントピックス