アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 『相棒』第4話、“シャブ山シャブ子”の衝撃で15.2%

『相棒』第4話、“シャブ山シャブ子”の衝撃で15.2%

 テレビ朝日系で放送中のドラマ『相棒season17』(毎週水曜 後9:00)で7日に放送された第4話「バクハン」が、反響を呼んでいる。番組平均視聴率も15.2%と好調で、番組終盤に登場した「シャブ山シャブ子」を名乗る女の取り調べシーンでは最高値16.2%に達した(視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区)。

 16.2%をマークしたのは、午後9時40分、同41分、44分、45分。捜査一課の伊丹&芹沢刑事が変装(?)して裏カジノ店に潜入してからのクライマックスに注目が集まった。

 第4話は、過去最大規模の裏カジノ店一斉摘発が行われ、杉下右京(水谷豊)と冠城亘(反町隆史)も“助っ人”として潜入捜査に駆り出された。指揮を執ったのは、組織犯罪対策第四課の賭博担当、通称“バクハン”のリーダー・源馬寛(中野英雄)。作戦は成功したが、右京はその夜、休業していて運よく摘発を逃れた店舗があることに疑惑を抱く。

 捜査に乗り出した特命係に、生活安全保安課の百田努(長谷川公彦)と久我雄作(崎本大海)が接近。百田によると、源馬は特定の賭博業者から莫大な金をもらい、それと引き換えに警察の内部情報を漏らし、彼らを摘発から逃している疑いがあるという。源馬を止めるため協力を要請する百田の訴えを、右京は快諾。源馬の情報源が若き“裏カジノコンサルタント”和氣健也(水石亜飛夢)である可能性を見出す。

 だが、そんな特命係の動きを、源馬と親交の深い組織犯罪対策第五課長・角田六郎(山西惇)がけん制してくる。右京は角田の忠告を無視して捜査を続行しようとするが、その背中に亘が驚きの一言を投げかけた。「組織には組織の論理がある。僕は行きません」と。

 突如として反旗をひるがえした亘(後に、彼なりの“機転”だったことがわかり、いつも一緒に行動するだけが相棒ではないことを示した)、特命係の“よき理解者”でもあった角田とも対立(後に、和解)し、孤立する右京だったが、百田の情報源にも裏があったという展開に。

 さらに百田が昼日中の公園で、薬物中毒の女に殺害される(口封じ)という衝撃のシーンを受けて、ネット上では「登場シーンがバイオハザードみたいで怖かったー」「たった1分程度の出演と名前だけで、(中略)伝説を生み出した」、演じた女優・江藤あやの怪演を「スピンオフ1本作れるぐらい濃かった」と称える声など、「シャブ山シャブ子」がトレンド1位になるほど、大きな反響が見られた。



オリコントピックス