アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • 広瀬アリス、村上虹郎演じる“狂気”に圧倒「飲み込まれていく感じがして…」

広瀬アリス、村上虹郎演じる“狂気”に圧倒「飲み込まれていく感じがして…」

 俳優の村上虹郎、女優の広瀬アリスが1日、都内で行われた第31回東京国際映画祭の日本映画スプラッシュ部門正式出品作『銃』(17日公開 武正晴監督)のQ&Aイベントに出席した。

 芥川賞作家・中村文則氏のデビュー作を映画化した同作。河原で偶然、拳銃を拾った大学生の西川トオル(村上)が、その魅力に取りつかれていき、狂気をはらんでいくさまを描く。

 奥山和由プロデューサーから、主演のオファーを受けた村上は「この役がピッタリだよと言われて、ちょっと複雑でした」と苦笑いしつつ「宿命だと思いました」と、役どころには胸を張る。

 奥山氏の言葉通り、狂気をはらむ主人公を見事に演じきった村上。ヒロインを務めた広瀬は「会うたびに虹郎くんがどんどん(役に)飲み込まれていく感じがして…」と圧倒されながらも「私はその波に飲み込まれちゃいけないなと。“陽”の部分をしっかり持とうと意識しました」と振り返った。



関連写真

  • 広瀬アリス、村上虹郎演じる“狂気”に圧倒 (C)ORICON NewS inc.
  • 第31回東京国際映画祭の日本映画スプラッシュ部門正式出品作『銃』Q&Aイベントに出席した(左から)武正晴監督、広瀬アリス、村上虹郎、プロデューサーの奥山和由氏 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス