アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 川栄李奈『世にも奇妙な物語』初出演 ホラー挑戦で「放送を見るのが怖い」

川栄李奈『世にも奇妙な物語』初出演 ホラー挑戦で「放送を見るのが怖い」

 女優の川栄李奈が11月10日放送のフジテレビ系土曜プレミアム『世にも奇妙な物語 ’18秋の特別編』(後9:00〜11:10)で、同シリーズ初出演にして初主演することがわかった。直木賞作家・朱川湊人氏の短編『薄氷の日』(短編集『水銀虫』収録)を原作に、クリスマスイブに主人公の女性へ降りかかる恐ろしい出来事を描く「クリスマスの怪物」に出演する。

【写真】その他の写真を見る


 川栄演じる主人公・小野寺奈央(おのでら・なお)は、クリスマスイブに恋人からプロポーズされるのを期待している24歳のジュエリーショップ店員。一見、順風満帆に見えるがが、実は7年前に起きた“ある事件”のトラウマを抱えている、という役どころ。奈央の恋人・緒方良輔(おがた・りょうすけ)を演じるのは俳優の本郷奏多。良輔は温厚でスマートな性格のIT企業社長。クリスマスイブには奈央のために素敵なホテルディナーを予約するジェントルマンであり、物語の行方を左右するキーパーソンになる。

 クリスマスイブのプロポーズを期待している奈央だが、気がかりなのはイブになると必ず現れる、不気味な装いの“怪物”の存在。ボロボロのコートを羽織り、背中が大きく曲がっている醜い姿、ボサボサの髪に覆われ表情も見えないその怪物は、7年前に起きたある事件を境に奈央の前に現れるようになった。この日も良輔とホテルのレストランで食事を終えた奈央は、良輔から「先に部屋行ってて」と言われ、一人ホテルの部屋へ向かうが、廊下の先にその“怪物”が立っていて―。

 台本を読んだ川栄は「怖かったです! そして、“過去の行いは、いつか自分に返ってくる”というテーマ性を感じました」と感想を語る。「“この怪物ってどういう存在なんだろう”っていろいろ想像を巡らせていたのですが、昨日、撮影現場で不気味なルックスを目の当たりにしまして。想像以上に怖かったです(笑)」と、かなり戦慄した様子。「しかも深夜、自宅の前で杖をついた怪物に“赤鼻のトナカイ”を歌われて(笑)。クリスマスのハッピーソングのはずが…放送を見るのが怖いですね」とこん身のホラーに仕上がっているようだ。



関連写真

  • 『世にも奇妙な物語 ’18秋の特別編』の一遍「クリスマスの怪物」に出演する川栄李奈 (C)フジテレビ
  • 『世にも奇妙な物語 ’18秋の特別編』の一遍「クリスマスの怪物」に出演する本郷奏多と川栄李奈(C)フジテレビ
  • 『世にも奇妙な物語 ’18秋の特別編』の一遍「クリスマスの怪物」に出演する本郷奏多と川栄李奈(C)フジテレビ
  • 『世にも奇妙な物語 ’18秋の特別編』の一遍「クリスマスの怪物」に出演する川栄李奈 (C)フジテレビ

オリコントピックス