ドラマ&映画 カテゴリ

【まんぷく】藤山扇治郎、いまこそ“野呂”の魅力を語ろう

 NHKで放送中の連続テレビ小説『まんぷく』(月〜土 前8:00 総合ほか)に、野呂幸吉役で藤山扇治郎(ふじやま・せんじろう)。ヒロイン・福子(安藤サクラ)で働くホテルのちゅう房で働く料理人で、福子に恋心を抱き、アプローチのつもりでちゅう房の缶詰を(3年間も)渡し続けたが、萬平(長谷川博己)の登場により、あえなく失恋。その後、福子と同じフロント係の恵(橋本マナミ)のことが好きになり、猛烈なアピールをしていたが…。

【写真】その他の写真を見る


 22日放送の第4週・第19回で、野呂は出征し、恵への思いも成就しなかったことが判明した。いまこそ、熱い思いを缶詰に託した不器用で純情な青年だった野呂の魅力について、彼のことを一番よく知っている藤山が語る。

 「コックの野呂は、コミカルなところもあるけれど、基本的には根っからの真面目な青年です。日々の生活や仕事の中で、ひとつひとつの出会いを大事にしている人物ですね。最近、職場や近所同士でも人と人の交流って昔より少ないじゃないですか。でも野呂は、誰かのことを思い、他人を支えられる義理人情みたいなもの、人のために自分がなんとかしようという熱い気持ちを持った青年だと思います。

 だから、新人で東洋ホテルに入社してきた福子さんを見た時に『あ、最初やし緊張してるんやな』と思って声をかけてあげたり、缶詰を渡したりするんです。僕も自分のバイト経験を振り返り、『お、新入りやな』と声をかけてもらったり、『これあげるわ』と何かもらったりしたときはすごくうれしかったことを思い出しました。きっと野呂も入社後に苦労して、いろんな先輩に助けてもらってきたんでしょうね。そういうふれあいを経験して、今度は自分が福子さんを助けようと思ったんでしょうね。

 缶詰をあげるというのは、関西人のよく使う『アメでも食べ』『みかんでも食べ』みたいな、モノきっかけのコミュニケーション術です。多いんですよ、モノきっかけ(笑)。なんか渡してそこから仲良くなるっていう関西人の特徴が、リアルに描かれています。そのなかで、福子さんに恋心が芽生えて、なんと缶詰を3年間もあげ続けるんです! 3年間って長いから普通は断念しますよね! ただその3年間には、恋心はもちろんですが、一生懸命に働いている福子さんを支えてあげなあかんなという気持ちもあったと思うんです。実直で誠実な野呂が報われるか報われないかは別として、行動に移すことが大事だと伝わるといいなと思います。自分の恋愛が成就するかしないかに関係なく、恋した相手に幸せになってもらいたい、なんとか力になりたいと尽くす、すごくすてきな役なんです」

 恵のことが好きになってからは、牧善之介(浜野謙太)というライバルが現れ、「牧役の浜野さん、恵役の橋本さんと一緒のシーンは、めちゃくちゃ楽しかった」と振り返る。「浜野さんは牧さんそのもので、すぐ笑かそうとしてきますし、橋本さんが実はけっこうゲラなんですぐ笑うんです(笑)。でも、浜野さんってお芝居のときにはすごく配慮が細やかで、『これだったら(せりふ)言いにくい?』と確認してくださる一面もあります。お芝居もアドリブっぽく聞こえるけれど、すごくきっちり演じられていますし、よく助けていただいて、ハマケンさんが現場にいるとほっとしていました(笑)」。

 野呂を演じた藤山は、1993年、歌舞伎の子役で初舞台。その後、松竹新喜劇に入団し、多くの舞台で活躍した。映画『家族はつらいよ』シリーズなど、映像作品にも出演。連続テレビ小説は『まんぷく』が初出演。連続テレビ小説『芋たこなんきん』(2006年後期)のヒロインを演じた藤山直美は伯母。

関連写真

  • 連続テレビ小説『まんぷく』野呂幸吉役の藤山扇治郎(C)NHK
  • 大阪東洋ホテルで結婚式を行った福子と萬平を遠くから見ていた野呂(C)NHK
  • 連続テレビ小説『まんぷく』野呂幸吉役の藤山扇治郎(C)NHK
  • 連続テレビ小説『まんぷく』第4週・第20回より。福子(安藤サクラ)を抱き寄せ「おまえはいい奥さんだ。僕は幸せだよ」と言う萬平(長谷川博己)(C)NHK
  • 連続テレビ小説『まんぷく』第4週・第20回より。ぼんやりと目を覚ました福子(安藤サクラ)の目の前に現れた咲(内田有紀)は「もう大阪も危ないわ」と疎開を促す(C)NHK
  • 連続テレビ小説『まんぷく』第4週・第20回より。福子(安藤サクラ)はガバッと起きて周りを見渡すが、咲(内田有紀)の姿はない(C)NHK
  • 連続テレビ小説『まんぷく』第4週・第20回より。「やっぱり疎開しましょ! 大阪から逃げるの!」と萬平(長谷川博己)に訴える福子(安藤サクラ)(C)NHK
  • 連続テレビ小説『まんぷく』第4週・第20回より。一緒に疎開しようと、鈴(松坂慶子)を誘いに来た福子(安藤サクラ)と萬平(長谷川博己)だが…(C)NHK

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索