ドラマ&映画 カテゴリ

台湾ドラマを日本初リメイク 足立梨花&白洲迅がW主演

 2012年台湾エミー賞を史上最多の7部門受賞したドラマ『イタズラな恋愛白書』が2019年にFODプレミアム・フジテレビ地上波で『僕はまだ君を愛さないことができる』として日本版にリメイクされることが、わかった。台湾発のドラマが日本でリメイクされるのは初めて。女優の足立梨花と俳優の白洲迅がW主演することも決定した。

 一番近くにいる大切な“親友”だからこそ、“恋人”にはならないはずだったのに…。『イタズラな恋愛白書』は、2011年に台湾・GTVで放送されアジア中で大ヒット。台湾版『イタズラなKiss』のチュウ・ヨウニン監督が、中華圏で女性たちの支持を集める人気脚本家シュー・ユーティンとタッグを組み、恋人未満の2人の恋模様をリアルに描いたラブストーリー。

 台湾ではネットユーザーが選ぶナンバーワンドラマに輝き、台湾エミー賞(金鐘奨)で最優秀作品賞受賞ほか、史上最多の主要7部門を独占。中国でも同時間帯視聴率トップを獲得し、配信も異例の大ヒットをするなどアジア全土に人気が拡大しているなか、今回、舞台を東京に移した日本版制作が決定した。

 足立は仕事に恋に、何事にも一生懸命なヒロイン御手洗陽(みたらい・よう)、そして陽に想いを寄せながらも“親友”として優しく見守る気遣い上手な石田蓮(いしだ・れん)役は白洲が務め、『イタズラなKiss』シリーズ、『南くんの恋人』、『きみはペット』などアジアでもドラマ化された日本の漫画原作を、再び日本でドラマ化してきた製作チームが再集結する。

■キャストコメント

足立梨花
「今回、私にとってすごくチャレンジな作品になると思います。台湾で人気のドラマを日本でも楽しんでもらえるように、そしてまた日本ドラマを海外の方にも楽しんでもらえるように、頑張りたいです。そして白洲君との共演も久々で、いいコンビを演じられるのではないかと今から楽しみで仕方ないです!世の中の女性にも男性にも、なにか応援できるようなそんなドラマを作りたいです!お楽しみに!」

白洲迅
「原作を見させていただいて、ヨウチンとダーレンのあ・うんのやりとりが、見ていて本当に気持ちよくて、笑えて、楽しくて、この空気感を体感できたらすごく幸せだろうなと感じました。今回共演する、足立梨花さんと一緒に、『僕はまだ君を愛さないことができる』ならではの空気感を作っていけたらと思います」

関連写真

  • FODプレミアム・地上波フジテレビ連ドラ『僕はまだ君を愛さないことができる』にW主演する足立梨花(c)SEIJI MEGA
  • FODプレミアム・地上波フジテレビ連ドラ『僕はまだ君を愛さないことができる』にW主演する白洲迅

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索