アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • 遠藤憲一、8歳子役に“敬語禁止” 49歳差を縮めて「同級生みたいなもん」

遠藤憲一、8歳子役に“敬語禁止” 49歳差を縮めて「同級生みたいなもん」

 俳優の遠藤憲一(57)が22日、都内で行われた映画『アウト&アウト』(11月16日公開)の完成披露舞台あいさつに出席。劇中で“コンビ”を組んだ子役の白鳥玉季(8)と撮影秘話に花を咲かせた。

【写真】その他の写真を見る


 原作は、『ビー・バップ・ハイスクール』で一世を風靡した漫画家・木内一裕氏の小説で、映画監督名義の“きうちかずひろ”として自ら映画化。物語は、小学2年生の少女・栞と2人で探偵事務所を営んでいる元ヤクザの矢能の元に、一本の依頼の電話が入る。指定された場所に向かうと依頼人はすでに拳銃で撃たれた死体となっていた。事件の容疑者にされかねない矢能は迅速に対応を始めるが、事態は思いもよらぬ方向へと転がっていく。

 主演のオファーを受け、遠藤は「極道チックな男くさい役は演じてきたけど、今回は、少女とのアンバランスなものに引かれました」と快諾。“49歳差”となった白鳥に「敬語はいいよ」と声をかけたといい、白鳥も「やりすくなった」と感謝していた。

 遠藤との初共演を振り返った白鳥は「『怖い』って聞いていたけど、すごく優しくて、ビックリした。でも顔は怖かった」とぶっちゃけ、仲の良さを垣間見せる。遠藤を「友達」だと語ると、本人も「俺も友達だと思ってるよ。同級生みたいなもんだよね。俺は精神年齢が低いし」と笑顔で返していた。

 舞台あいさつにはそのほか、岩井拳士朗(26)、小宮有紗(24)、きうちかずひろ監督(58)が出席した。

関連写真

  • (左から)白鳥玉季、遠藤憲一 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)小宮有紗、岩井拳士朗、遠藤憲一、白鳥玉季、きうちかずひろ監督
  • (左から)白鳥玉季、遠藤憲一 (C)ORICON NewS inc.
  • 遠藤憲一 (C)ORICON NewS inc.
  • 小宮有紗 (C)ORICON NewS inc.
  • 岩井拳士朗 (C)ORICON NewS inc.
  • きうちかずひろ監督 (C)ORICON NewS inc.
  • 白鳥玉季 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス

役立つ!使える!おすすめ情報満載♪ 春の新生活「応援」特集 2019