ドラマ&映画 カテゴリ

【まんぷく】大谷亮平、「咲姉ちゃん」と呼ぶ声がすごく好き

 NHKで放送中の連続テレビ小説『まんぷく』(月〜土 前8:00 総合ほか)。第2週で、ヒロイン・今井福子(安藤サクラ)の姉・咲(内田有紀)が肺結核で亡くなってしまった。ショックのあまり、立花萬平(長谷川博己)との将来のことも何も考えられなくなってしまった福子の背中を押したのは、咲の夫、小野寺真一(大谷亮平)だった。

【写真】その他の写真を見る


 「真一の妻・咲の事を福ちゃんが『咲姉ちゃん』と呼ぶ声がすごく好きで、ずっと耳に残っています(笑)」と大谷。真一は、福子にとって口数は少ないながらも、頼り甲斐のある優しい「お義兄さん」という存在で、咲との結婚に関しての騒動が持ち上がっても泰然と受け入れるなど、度量の大きさも見せていた。太平洋戦争の終盤、外地へと出征することになるが、「真一にもいろいろなことが待ち受けていますし、あまり感情を出さない彼がこれからどうなっていくのか、人間的な成長も楽しんでいただけたらと思います」と、まだまだ出番があることをアピールする。

 連続テレビ小説は初出演。「まさかという感じでした。僕はこれまで韓国で活動してきたこともあって、日本でのキャリアはまだ2年ほどなので、いろいろな作品に出演していく中で、いつか朝ドラに巡り会えれば良いなという気持ちでいたので、ここまで早い出演にとても恵まれているなと思います」。

 安藤と共演するのも今回が初めてで、「実際にお会いするまでは神秘的なイメージを抱いていました。でもいざ衣装をまとってせりふを言ったとたんに、まさに福ちゃんだ!と感じ、劇中で彼女をしっかり守っていかなければならないと素直に思えました」と話していた。

 第3週は、改めて自分の気持ちを伝えるため、萬平の会社を訪れた福子の目の前で、萬平が憲兵隊に連れ去られてしまう。軍からの支給品を闇業者に横流ししたというのだが…。萬平は、取り調べで憲兵から暴行を受けても無実を訴え続け、福子もまた萬平を救おうと奔走する。

 大谷は「現代人なら恐らく一度は食べたことのあるインスタントラーメンがどうやって完成したのか、その過程が描かれているので本当に面白く見ていただけると思います。試行錯誤しながらいろいろなことに挑戦していく萬平とそれを必死に支えている福子、そしてその周りの人間が協力し合い、ついにはインスタントラーメンを開発するストーリー展開となりますので、楽しく見守っていただきたいです」。

関連写真

  • 連続テレビ小説『まんぷく』ヒロイン・福子の義兄・小野寺真一役で出演する大谷亮平(C)NHK
  • 連続テレビ小説『まんぷく』ヒロイン・福子の義兄・小野寺真一役で出演する大谷亮平。第3週で出征することに(C)NHK
  • 連続テレビ小説『まんぷく』ヒロイン・福子の義兄・小野寺真一役で出演する大谷亮平(C)NHK
  • 連続テレビ小説『まんぷく』第3週・第13回(10月15日放送)大阪憲兵分隊庁舎・取調室にて。身に覚えのない軍事物資横領の嫌疑をかけられ、取り調べを受ける萬平(長谷川博己)(C)NHK
  • 連続テレビ小説『まんぷく』第3週・第13回(10月15日放送)憲兵の村城啓治(平原テツ)から暴行を受ける萬平(C)NHK
  • 連続テレビ小説『まんぷく』第3週・第13回(10月15日放送)大阪憲兵分隊庁舎・留置所にて。身に覚えのない罪で留置所に放り込まれた立花萬平(長谷川博己)。同じ部屋のものたちに「なにもやってないんだ!」と主張するが、誰にも信じてもらえない(C)NHK
  • 連続テレビ小説『まんぷく』第3週・第13回(10月15日放送)甘味どころにて。身に覚えのない罪の嫌疑をかけられ、憲兵に連れて行かれた立花萬平(長谷川博己)の身を案じ、「立花さーん!」と泣きじゃくる福子(安藤サクラ)(C)NHK

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索