• ホーム
  • 映画
  • 中川大志、“怖がり”を克服? 緊張癖ツッコまれ「猫かぶらないと」

中川大志、“怖がり”を克服? 緊張癖ツッコまれ「猫かぶらないと」

 俳優の中川大志が12日、都内で行われた映画『覚悟はいいかそこの女子。』初日舞台あいさつに登壇。作品の内容にちなみ、登壇者の中で誰が一番ヘタレ男子か、という話題になると中川は「ヘタレな人っていなくないですか?」と周りを見わたすも、井口昇監督に「中川さんは怖がりなところが多い」と暴露され、すかさず「でも今は結構大丈夫なんですよ」と返答。ただ、未だに表舞台に立つと緊張する癖が治らないという中川は「マスコミの方もたくさん来るので猫かぶらないと」と茶目っ気たっぷりに答えた。

【写真】その他の写真を見る


 撮影時のエピソードを聞かれた小池徹平が「初日の撮影がちょうど誕生日で、ケーキで祝ってくれたんですけど、初日なのでどういう距離感で祝ってもらえばいいのかなって戸惑いはありました」と明かすと、中川は「若いキャストのみんなに全く気を使わせることなく優しくしていただいて」とベタ褒め。唐田えりかも「“徹平先生”はずっと優しくて爽やかで、絵しりとりをして遊んでもらったりしてました」と続け、共演者から絶賛の嵐だった。

 一番の愛されキャラは?という質問に中川が「全員愛されてますよね…客席見たら愛されてるじゃん俺たち」とドヤ顔でまとめると、伊藤健太郎から「言ったあとに『言ってやったぜ』って顔すんのやめろ!」とツッコミが入り、会場は笑いに包まれた。

 原作は、少女漫画雑誌『マーガレット』(集英社)で2014年から掲載された椎葉ナナ氏の同名漫画。見た目はイケメンなのに、中身はヘタレな男子高校生・古谷斗和が“初彼女”をゲットすべく本気で奮闘する、というストーリーで人気を集め、中川大志が斗和役で主演し実写化。映画公開に先駆けて、MBS/TBSドラマイズム枠にて連続ドラマが放送された。

 この日はそのほか、伊藤健太郎、甲斐翔真若林時英が登壇した。

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」



関連写真

  • 緊張癖が治らないと明かした中川大志 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)伊藤健太郎、中川大志、唐田えりか (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『覚悟はいいかそこの女子。』初日舞台あいさつに出席した伊藤健太郎 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『覚悟はいいかそこの女子。』初日舞台あいさつに出席した唐田えりか (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『覚悟はいいかそこの女子。』初日舞台あいさつに出席した(左から)井口昇監督、小池徹平、伊藤健太郎、中川大志、唐田えりか、甲斐翔真、若林時英 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス