アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 井ノ原快彦、『あさイチ』以来初「久しぶりのNHK生放送」グルメ特番で司会

井ノ原快彦、『あさイチ』以来初「久しぶりのNHK生放送」グルメ特番で司会

 今年3月までNHK総合で平日朝8時15分から生放送している生活情報番組『あさイチ』の司会を務めていた井ノ原快彦が、約8ヶ月ぶりにNHKの生放送番組に帰ってくる。11月23日放送予定の生放送特番『お取り寄せ不可!? 列島縦断宝メシグランプリ』(後7:30〜10:00※ニュース中断あり)で、全国各地のいまだ知られざる極上の味「宝メシ」を発掘し、100人の食通が生放送でグランプリ決定するグルメバラエティーだ。

 井ノ原は「日本人としてまだ食べたことのない、聞いたことのない郷土料理の素晴らしさを、番組を通して皆様にお伝えできたらと思っています。久しぶりのNHK生放送。スタジオで美食家の皆様と共にお送りいたします。ご期待ください」とコメント。

 ともに司会を務めるのは、同局の杉浦友紀アナウンサー。その地域でしか食べられない極上の味。限られた時期にしかない超レアな逸品。番組では、こうした全国各地に眠る絶品料理を「宝メシ」と命名し、生放送の特設キッチンで再現。日本列島を10ブロックに分け、タレント&地元地域局若手アナウンサーがチームを組み、海から山から探しだした、とっておきの「宝メシ」をチーム対抗でプレゼンする。

 その場で「宝メシグランプリ」を決定する審査員100人は、服部幸應氏をはじめとする料理評論家や和洋中の一流料理人、食品流通の目利き、料理雑誌の編集者、そしてグルメリポーターとして活躍する食通の芸能人など、多彩な顔ぶれ。基準は、「味」「歴史」「映え感」など。自慢の舌や豊富な知識と経験で「宝メシ」を判定する。生放送スタジオに100人の食通が集めるのは、同局史上最多の試みとなる。



オリコントピックス