アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 高畑充希“巨乳キャラ”演じて自虐「おっぱいが足りない」

高畑充希“巨乳キャラ”演じて自虐「おっぱいが足りない」

 女優の高畑充希が9日、都内で行われた『忘却のサチコ』(10月12日スタート、毎週金曜 深0:12)記者会見に出席した。今年1月のSPドラマに引き続き、連ドラでも主人公・佐々木幸子を演じる高畑は、原作漫画のファンだったといい「最初、幸子役を演るってなったときは身長とおっぱいが足りないと。高身長で爆乳のキャラなのでヤバイなと思った」と正直な感想を明かして笑いを誘った。

【写真】その他の写真を見る


 今作は、阿部潤氏による『週刊ビッグコミックスピリッツ』(小学館)連載中の同名漫画を原作に結婚式の日、新郎に逃げられた文芸誌のアラサー編集者・幸子(高畑)を主人公に、その完璧な仕事ぶりから“鉄の女”と称された彼女がつらいことを忘れるために“旨いもの”探し求めて奔走するグルメ・コメディー。

 巨乳キャラとの違いを自虐する一方で、「私のなかでも大好きな作品とキャラクターで、『連ドラになれ』と念を送ってたので実現してうれしいです」と念願かない歓喜。「ちょっとずつみんなで(幸子役を)作り上げてなんとかSPドラマにすることができた。それをみんなが見てくれて、笑ったりしてくれたって声をいろいろ聞けて。ホッとしていたときに連ドラということだったので、金曜日の夜が楽しくなるようなお腹がすくようなドラマにしたい」と意気込んだ。

 また、劇中ではおいしそうな料理が続々登場。2日に1回は食べるシーンを撮影したという高畑は「どれも抜群においしい」としつつも「食べながら脳内でしゃべってるので、自分の声をイヤホンで聞きながらリアクションしながら撮影していてほぼ味がわからない。もっと普通に食べたい」と残念そう。「すごくおいしいのに味わえないフラストレーションに苦しんだのでプライベートで行きたいです」とリベンジを誓っていた。

 会見には 結婚式当日に幸子の元から逃げ出した新郎・俊吾を早乙女太一、幸子が所属する出版社の文芸編集部に配属される新人編集部員の小林心一役を葉山奨之も登壇した。



関連写真

  • 主人公・幸子との違いを自虐的に語った高畑充希 (C)ORICON NewS inc.
  • スーツで登場した高畑充希 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)葉山奨之、高畑充希、早乙女太一、山岸聖太 (C)ORICON NewS inc.
  • 『忘却のサチコ』記者会見に出席した葉山奨之 (C)ORICON NewS inc.
  • 『忘却のサチコ』記者会見に出席した早乙女太一 (C)ORICON NewS inc.
  • 『忘却のサチコ』記者会見に出席した山岸聖太 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス