• ホーム
  • 芸能
  • 日本財団が10億円の資金を用意 AbemaTV新番組で“誰かを幸せにしたい”参加者募集

日本財団が10億円の資金を用意 AbemaTV新番組で“誰かを幸せにしたい”参加者募集

 インターネットテレビ局のAbemaTVは、日本財団が用意した10億円の資金をもとに、“自分のためではなく、他人を幸せにしたい”人を応援する新番組『10億円会議』を、2019年1月からレギュラー放送することを発表した。参加者からの優れた提案には、10億円から必要な活動資金を提供する。

 資金提供を受けたい参会者は、様々なジャンルのスペシャリストからなる審査員5名に対し、「日本からイジメを無くすために、“イジメはかっこ悪い”という内容の曲をトップアイドルに歌ってもらいたい」など自身の熱い思いをプレゼンテーションし、審査員5名全員の心を掴み「合格」となると資金獲得の機会を得ることができる(日本財団の審査が別途あり)。

 放送決定にあたり、きょう5日から総額10億円の資金提供に挑戦する参加者の一般募集を開始。募集条件は「とにかく自分の周りを幸せにしたい」という思いを持つ18歳以上の男女。応募方法などの詳細は番組公式サイト【https://abema.tv/channels/abema-special/slots/9pGVajpDogBGCf】で掲載中。



オリコントピックス