• ホーム
  • 芸能
  • 竹内涼真、撮影現場で安田顕から「国民」呼び 阿部寛は集中力絶賛

竹内涼真、撮影現場で安田顕から「国民」呼び 阿部寛は集中力絶賛

 俳優の竹内涼真が7日、都内で行われた14日スタートのTBS日曜劇場『下町ロケット』(毎週日曜 後9:00※初回25分拡大)完成披露特別試写会後舞台あいさつに登壇した。前作から3年の間に大ブレイクを果たした竹内に共演の安田は「3年前から、ああ(人気が)いくんだろうなと思ってましたけどここまでね、すごいですね」と人気ぶりに驚き。竹内のあだ名“国民の彼氏”を引き合いに「朝、『おはよう、国民』っていってます」と現場での呼び方を明かして笑いを誘った。

【写真】その他の写真を見る


 同ドラマは15年の10月期に放送し好評を博した『下町ロケット』の新シリーズ。第145回直木賞を受賞した池井戸潤氏の小説『下町ロケット』シリーズの第3弾『下町ロケット ゴースト』(小学館)を原作に、阿部寛演じる主人公・佃航平が率いる佃製作所メンバーの新たな戦いが始まる。 竹内は前作に引き続き佃製作所のメンバーである立花洋介、安田は、山崎光彦役を演じている。

 さらに同じく佃製作所の一員・殿村直弘役の立川談春は「横でわけわかんない顔でキョロキョロしてるのが安田さん。確かに言ってます『国民』って。なんのいじめかと思ったら『国民の彼氏』だからって。それから私も『国民』って呼んでます」と便乗してるそう。安田は「竹内がどこにいるかすぐわかる、ギャラリーの方がワーッって言うんです。今あそこに竹内が通ったんだなとすぐわかっちゃう」とロケでの熱狂ぶりも明かした。

 そんな竹内に、“社長”である阿部は「目の奥に光るものが違った、当時から。すごく彼は集中力があって、必ず伸びると正直思ってました」とその予想は見事に的中。「その集中力はどこから来るんだって聞いたら本を教えてくれて…まぁその本は紹介しませんけど、非常に努力家だと」と人気だけでなく実力も評価した。

 一方、阿部が「先見の明があるのは安田くんで当時から必ず(竹内の)股間を必ず揉んでたんです。彼が股間の揉んでる若手は必ず売れる」と力説すると、突然の方向転換に安田は「3年前よりずいぶん面白いことを言われるようになりましたね」と目をまんまるに。安田が「自分はこれからいきたいな、と思う方がいらっしゃったら私が股間を揉みますんで…」と申告して、そのまま質疑応答がタイムアップとなると竹内は「『股間を揉まれたほうがいい』で終わって良いんですか?」と首をかしげていた。

 このほか、尾上菊之助真矢ミキ古舘伊知郎が登壇した。



関連写真

  • TBS日曜劇場『下町ロケット』完成披露特別試写会後舞台あいさつに登壇した(左から)竹内涼真、阿部寛、安田顕 (C)ORICON NewS inc.
  • TBS日曜劇場『下町ロケット』完成披露特別試写会後舞台あいさつに登壇した(左から)古舘伊知郎、尾上菊之助、竹内涼真、阿部寛、安田顕、真矢ミキ、立川談春 (C)ORICON NewS inc.
  • TBS日曜劇場『下町ロケット』完成披露特別試写会後舞台あいさつに登壇した(左から)安田顕、真矢ミキ、立川談春 (C)ORICON NewS inc.
  • TBS日曜劇場『下町ロケット』完成披露特別試写会後舞台あいさつに登壇した(左から)阿部寛、安田顕、真矢ミキ (C)ORICON NewS inc.
  • TBS日曜劇場『下町ロケット』完成披露特別試写会後舞台あいさつに登壇した(左から)尾上菊之助、竹内涼真、阿部寛 (C)ORICON NewS inc.
  • TBS日曜劇場『下町ロケット』完成披露特別試写会後舞台あいさつに登壇した(左から)古舘伊知郎、尾上菊之助 (C)ORICON NewS inc.
  • TBS日曜劇場『下町ロケット』完成披露特別試写会後舞台あいさつに登壇した(左から)真矢ミキ、立川談春 (C)ORICON NewS inc.
  • TBS日曜劇場『下町ロケット』完成披露特別試写会後舞台あいさつに登壇した(左から)安田顕、真矢ミキ、立川談春 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス