• ホーム
  • 芸能
  • 岡田将生・竜星涼・山崎育三郎、3ヶ月超の落語特訓の成果に「自信」「自画自賛」

岡田将生・竜星涼・山崎育三郎、3ヶ月超の落語特訓の成果に「自信」「自画自賛」

 テレビアニメにもなった雲田はるこ氏の同名漫画をNHKが連続ドラマ化した『昭和元禄落語心中』(12日スタート、毎週金曜 後10:00、全10回)の試写会が5日、東京・渋谷の同局で行われ、俳優の岡田将生竜星涼山崎育三郎が出席し、3ヶ月を超える落語特訓を経て完成したドラマへの手応えなどを語った。

【写真】その他の写真を見る


 戦争の時代の落語家たちの生き様、芸の絆で結ばれた若者たちの友情、師弟や男女の情愛・嫉妬・別れ、そして無二の親友の事故死を巡るミステリーなどが詰まったヒューマンドラマ。落語家を演じる岡田、竜星、山崎は、8月のクランクインから逆算して3ヶ月以上前から落語の稽古(けいこ)を開始。落語監修を務める柳家喬太郎の直接指導を受けるなどして、“芸”を磨いてきた。

 主人公の八代目 有楽亭八雲(菊比古)を演じる岡田は、戦前から戦後の若い頃と、平成まで長く活躍する老成した姿とで、落語も演じ分けるという大役に挑戦。「1年前にお話をいただいた時は、落語の“ら”の字も、『寿限無(じゅげむ)』も知らなかったくらいで、落語のドラマがどうなるのか、想像もつかなかったのですが、柳家喬太郎師匠からおはなしする楽しさ、お噺自体の面白さを教えていただき、少しずつ知っていって、好きになっていき、いまはドハマリしています。自分が落語をはなしているシーンを見ると、こっ恥ずかしさもあるのですが、この役をできてよかったな、心から思えました」と、清々しい表情を見せていた。

 初めて客の入った寄席で落語を披露するシーンの撮影時も「緊張するのかな、と思っていたんですが、稽古を長くしてきたので、自信があったのかわからないですけど、意外と淡々とはじめられて。噺を聞いてくれるお客さんと一体感が湧いてくるのを実感した時は、自分中で波が打つものありました」と、さらなる自信につながったという。

刑務所帰りで八雲に弟子入りする有楽亭与太郎役の竜星は、冒頭のあいさつから「本日はお足元の悪い中、誠にありがとうございました。こんな日は家で道楽をしていたいものですが、えー、男の道楽は三道楽 飲む、打つ、買う、なんてぇことを言いましてねっ」と落語口調。「ちょうどいま『錦の袈裟』という噺を(撮影で)やっていて、ちょうどいい枕があったなと思って。それくらいどっぷり使っている自分がいる」と話した。

 竜星も落語の“ら”の字を知るところからはじめたそうだが、「第1回の映像を観て、自画自賛じゃないですけど、(与太郎がはじめて寄席で受けた)『出来心』のシーンで感動してしまって、何もできなかった自分が、音楽や演出のおかげで、ここまで成長できたというのが見えて、やってきたことが報われた、と感動しました」と、噛み締めていた。

 八雲の親友で永遠のライバル、若くして事故死した有楽亭助六役の山崎は、「本日はしみったれたこんなところにお起こしいただきまして…、とやろうとしたら先に与太郎にやられてしまいました」と、苦笑い。“ミュージカル界のプリンス”と称されてきた山崎をもってしても「新しいチャレンジをさせていただきました。3ヶ月以上、落語のお稽古をさせていただく中で、いままでのやらせていただいたお仕事の中でも一番大変でした。頑張りました」としみじみ。

 助六は、笑わせる噺も聞かせる噺もなんでもできる天才落語家ということで、寄席のシーンの撮影では、助監督などからエキストラの観客に「ここでドカンと笑ってください」とたびたび指示が出ていたそうで、「本当に笑っているのか、そうじゃないのか、高座から見てわかる。目の前のお客さんを自分の落語で笑わせたい、というスイッチが入って、すごく生ものだし、練習とは全く違ったものも出てきて、自分が変わっていくのを感じていました」と充実した撮影を振り返っていた。



関連写真

  • ドラマに向けて3ヶ月超の落語特訓を行った(左から)竜星涼、岡田将生、山崎育三郎 (C)ORICON NewS inc.
  • 主人公・八代目有楽亭八雲を演じた岡田将生 (C)ORICON NewS inc.
  • 主人公・八代目有楽亭八雲の親友で、永遠のライバル・有楽亭助六を演じた山崎育三郎 (C)ORICON NewS inc.
  • 主人公・八代目有楽亭八雲に弟子入りする有楽亭与太郎役を演じた竜星涼=ドラマ『昭和元禄落語心中』試写会 (C)ORICON NewS inc.
  • ドラマ『昭和元禄落語心中』試写会に出席した竜星涼 (C)ORICON NewS inc.
  • ドラマ『昭和元禄落語心中』試写会に出席した山崎育三郎 (C)ORICON NewS inc.
  • ドラマ『昭和元禄落語心中』試写会に出席した(左から)竜星涼、岡田将生、山崎育三郎 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス