• ホーム
  • 芸能
  • 小林恵美、芸能界引退を発表「35歳で一つの区切りを」

小林恵美、芸能界引退を発表「35歳で一つの区切りを」

 グラビアタレントの小林恵美(35)が1日、自身のブログを更新。9月30日をもって所属していたサンズエンタテインメントを退社し、芸能界を引退したことを報告した。

 ブログでは「2002年にデビューしてから16年間、有難いことにたくさんの仕事をさせていただき、ここ1、2年自分の中でやりきったという気持ちが芽生え始めていました」と心境。「また新しい夢を見つけてそこに向かって頑張っていくためにも、35歳で一つの区切りをつけさせていただくことにしました」と決断を伝えた。

 続けて、ファンや関係者への感謝をつづるとともに「芸能界という華やかな世界で16年間も仕事をすることができたこと、とても幸せに思います。また何かの機会にお互いの人生が交差することがありましたら、その時はどうぞよろしくお願いいたします!」と結んでいる。

 小林は大学生時代にイエローキャブに所属。後にサンズエンタテインメントへ移籍した。大磯ロングビーチキャンペーンガール、サッポロビールイメージガールや、グラビアタレントとしても活躍。また、『志村けんのバカ殿様』『志村けんのだいじょうぶだぁ』などテレビ番組にも多数出演した。



オリコントピックス