• ホーム
  • 芸能
  • 織田&保奈美、27年ぶり共演も息ぴったり「打てば響く方」

織田&保奈美、27年ぶり共演も息ぴったり「打てば響く方」

 俳優の織田裕二が主演する10月8日スタートのフジテレビ系“月9”ドラマ『SUITS/スーツ』(※初回30分拡大)でこのほど、共演の女優・鈴木保奈美がクランクインした。織田と鈴木といえば、現在再放送中(※関東ローカル)の名作月9ドラマ『東京ラブストーリー』以来、27年ぶりの共演がすでに話題に。東京・湾岸スタジオでのセット撮影では久々の共演ながらも、織田が「“東京ラブストーリー”の頃もそうでしたけど、打てば響いてくださる方」と評する通り、鈴木とあうんの呼吸をみせた。

【写真】その他の写真を見る


 同ドラマは月9史上初めて、全米のメガヒットドラマが原作。敏腕ながら傲慢(ごうまん)なエリート弁護士”と、“その日暮らしの天才フリーター”という、相いれることのない凸凹な二人がバディを組み、数々の難解な訴訟をあらゆる手段で解決していく、痛快エンターテインメント弁護士ドラマ。

 織田と鈴木は、撮影前の8月に台本の読み合わせや立ち稽古で27年ぶりの再会を果たしていたものの、共演シーンの撮影はこの日が初。第1話で織田が演じる主人公の甲斐正午(かい・しょうご)が、ある争いごとを有利に運ぶために取った行き過ぎた行動を、甲斐の上司である鈴木演じる幸村チカ(ゆきむら・ちか)がたしなめるシーンが撮影された。

 撮影前のリハーサルで、お互いの演技プランを披露し合いながら、回数を重ねるごとにお芝居の精度を高め合っていく二人。撮影の合間には、鈴木より早くセット撮影を行っている織田が、鈴木にセットに飾られている装飾品などにまつわるエピソードを紹介するなど、リラックスした表情も垣間見られた。恋人役を演じた27年前の『東京ラブストーリー』を経て、『SUITS/スーツ』では大手弁護士事務所の上司と部下という関係性が、どう物語にスパイスを加えるのかにも注目だ。



関連写真

  • 月9ドラマ『SUITS/スーツ』で27年ぶりに共演を果たす鈴木保奈美と織田裕二 (C)フジテレビ
  • 月9ドラマ『SUITS/スーツ』で27年ぶりに共演を果たす鈴木保奈美と織田裕二 (C)フジテレビ

オリコントピックス