• ホーム
  • 映画
  • 野村萬斎主演『七つの会議』追加キャスト発表 藤森慎吾、小泉孝太郎、土屋太鳳ら

野村萬斎主演『七つの会議』追加キャスト発表 藤森慎吾、小泉孝太郎、土屋太鳳ら

 『陸王』『下町ロケット』『オレたちバブル入行組』など多くの人気作を抱える池井戸潤氏が原作、野村萬斎主演の映画『七つの会議』(2019年2月1日)の追加キャストが13日、発表された。新たに出演するのは、藤森慎吾(オリエンタルラジオ)、朝倉あき、岡田浩暉、木下ほうか、吉田羊、土屋太鳳、小泉孝太郎、溝端淳平、春風亭昇太、立川談春、勝村政信、世良公則、鹿賀丈史、橋爪功と超豪華キャスト陣が集結した。

 原作は数ある池井戸氏の作品のなかでも“傑作”との呼び声高いクライムノベル。都内にある中堅メーカー・東京建電に務める営業一課の万年係長・八角民夫が、トップセールスマンの課長・坂戸宣彦のパワハラを告発したことで社内に巻き起こる戦いと葛藤が描かれる。働くことの「義」とは、そして守るべき信念とは何かを問いかける。

 主人公の八角を萬斎が演じるほか、八角にパワハラで訴えられる坂戸役に片岡愛之助、営業部長の北川誠役に香川照之、坂戸に代わって新課長に着任する原島万二役に及川光博と実力派キャストが集結。また、老舗のねじ製造工場「ねじ六」の四代目・三沢逸郎を音尾琢真、東京建電の下請け「トーメイテック」社長・江木恒彦を立川談春、東京建電の親会社「ゼノックス」社長・徳山郁夫を北大路欣也が演じる。メガホンをとるのは、『私は貝になりたい』(08年)、『祈りの幕が下りる時』(18年)などを手掛ける福澤克雄監督。

 今回新たに出演が決まった藤森は、プライドが高く、社内で犬猿の仲である営業部の“粗”を探す事に執着している東京建電・経理部課長代理の新田、東京建電・営業一課員、浜本優衣に朝倉、かつては“華”の営業一課で出世街道を歩いていたが、現在はカスタマー室長の佐野に岡田、絶対的な権力者である徳山の腹心、東京建電の親会社ゼノックスの副社長・田部に木下。

 八角の元妻・淑子に吉田、零細ねじ工場の社長・三沢の妹・奈々子に土屋、東京建電で取り扱う数多くの商品とその部品の開発、管理を担当している商品開発部の奈倉を小泉、若き八角が営業を行った老夫婦の息子・星野に溝端、社内では営業部の北川に並ぶ実力者、東京建電経理部長の飯山に春風亭昇太、東京建電経理部経理課長に勝村、出世競争に敗れ、ゼノックスから出向した“外様”の役員、東京建電副社長・村西に世良。

 過去に東京建電に在籍し、営業部では八角や北川の上司で、その強権的な態度で出世したゼノックス常務取締役・梨田に鹿賀、製造部から叩き上げで社長に登り詰めた東京建電社長・宮野に橋爪が脇を固める。

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」



オリコントピックス