アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • ミス美しい20代・宮本茉由、米倉涼子主演作でドラマデビュー「一生懸命演じきりたい」

ミス美しい20代・宮本茉由、米倉涼子主演作でドラマデビュー「一生懸命演じきりたい」

 2016年9月に開催された『第1回ミス美しい20代コンテスト』で審査員特別賞を受賞し、モデルとして活躍中の宮本茉由(23)が、テレビ朝日系ドラマ『リーガルV〜元弁護士・小鳥遊翔子〜』(10月スタート、毎週木曜 後9:00)にレギュラー出演することが発表された。事務所の大先輩・米倉涼子との共演で女優デビューを果たすことになり、本格的な芝居に初挑戦する。

 同ドラマは、米倉演じるスキャンダラスな元弁護士・小鳥遊翔子が、ワケありの弱小弁護士集団をこき使いながら、どんなに不利な訴訟でも“V”ictory=勝利を手にするため突き進んでいく。

 宮本が演じる中沢淳美は、翔子と対立する大手法律事務所「Felix & Temma法律事務所」の代表弁護士・天馬壮一郎(小日向文世)の秘書。天馬の愛人と噂され、彼に忠実かと思いきや、何やらグレーな動向もやがて見せはじめる。

 そんな新人にとっては大役ともいえる役に挑む宮本は「女優デビューが決まったときは、驚きと喜びと緊張が一気に来て、感情が忙しかったです。とても有り難い機会をいただけたことに感謝し、一生懸命役を演じきりたいと思います」とコメント。

 米倉との共演に「まだごあいさつをさせていただいた程度ですが、撮影現場で今後ご一緒させていただき、アドバイスをいただけたらうれしいです」と羨望のまなざし。「見ている人がフィクションだということを忘れてしまうほど、ナチュラルな演技ができる女優『リーガルV』で大先輩方の素晴らしい演技を見ながら、一生懸命勉強したいです」と意気込んでいる。



オリコントピックス