アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 関ジャニ横山、月9クランクアップ「いろんなことを吸収できる現場でした」

関ジャニ横山、月9クランクアップ「いろんなことを吸収できる現場でした」

 人気グループ・関ジャニ∞横山裕が、放送中のフジテレビ系月9ドラマ『絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜』をクランクアップした。最後には、主演の沢村一樹、共演の本田翼上戸彩と4人で写真撮影。沢村が横山の卒業を惜しんで泣くポーズをすると、本田と上戸もマネをする和気あいあいとした現場の雰囲気で、「本当に楽しかったし、本当にいろんなことを吸収できる現場でした。あとはみなさんと打ち上げを楽しみたいと思います。みなさん本当にありがとうございました」と感謝を込めた。

 主人公の刑事・井沢範人(沢村)率いる「未来の犯罪を予測して捜査する」“ミハンチーム”のメンバー・山内徹を演じた横山は、監督から花束を受け取り「みなさん3ヶ月間本当にありがとうございました。今は、終わるという安堵感と、終わってしまうという寂しさが入り交じって、なんだか変な感情ですけど、スタッフみなさんのチーム感に助けられ、また沢村さんの“座長力”に尊敬することもいっぱいありました」と最後のあいさつ。

 アクションシーンも話題となった同ドラマのアクション監督は、いいカットを撮るために粘る人だと、スタッフやキャスト陣の中でも有名。撮影中に「いい感じ!」という割には、「もう一回やりましょう!」と何度もテイクを重ねることがネタになっていたが、横山は「この番組で学んだことは、“いい感じ”は、本当は“いい感じじゃない”という、アクション監督の方の言葉を僕は一生忘れないです」とコメント。「監督! “もう一回券”は使い切りましたか!?」と聞かれた監督は「使い切りました!!」と答え、スタジオの笑いを誘っていた。

 そんな和やかな現場でクランクアップを迎えた横山演じる山内は、最終回では上戸演じる桜木泉について調べるため、井沢とベトナムに飛ぶ。他にも本田演じる小田切と息の合ったアクションなど、最後までミハンチームの優等生として活躍する姿は注目。



オリコントピックス