アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 中村アン、月9『SUITS/スーツ』出演 織田裕二と初共演に「物おじしない」

中村アン、月9『SUITS/スーツ』出演 織田裕二と初共演に「物おじしない」

 女優・モデルの中村アンが10月スタートのフジテレビ系“月9”ドラマ『SUITS/スーツ』に出演することが明らかになった。全米大ヒットドラマ『SUITS』を原作に敏腕弁護士の甲斐正午(織田裕二)と、天才フリーターの鈴木大貴(Hey! Say! JUMP中島裕翔)の凸凹バディが数々の難解な訴訟を解決していく同作。中村は原作のドナ・ポールセン(サラ・ラファティ)をモデルにした甲斐の秘書・玉井伽耶子(たまい・かやこ)役で織田と初共演を果たす。

【写真】その他の写真を見る


 中村が月9ドラマに出演するのは、『突然ですが、明日結婚します』(2017年1月クール)以来で、初出演となった『5→9〜私に恋したお坊さん〜』(15年10月クール)と合わせ、今回で3回目。織田、中島、新木優子鈴木保奈美ら現在発表されている主要キャストたちとは初共演となる。

 今回演じる伽耶子は頭脳明晰(めいせき)で人心掌握術に長け、よく気が利く女性。織田演じる甲斐とは、彼がかつて検事だった頃からの付き合いで、秘書を長年勤めており互いに信頼しあっているという役どころ。男の言いなりになることは大嫌いだが、甲斐のことだけは信頼し、彼のために常に最善を尽くす。甲斐に対する深い信頼が恋愛感情からなのか、はたまた伽耶子なりの人生の楽しみ方からなのかも、面白みの一つになるだろう。

 中村は「日本の秘書というイメージではなくて、織田さん演じられる弁護士の甲斐に対しても敬語だけれど、対等に接している女性です」と役柄を説明。さらに「演じる上では、私自身も織田さんに対して物おじしないことを心がけています」と意気込んだ。

 伽耶子のキャラクターについては「全てのことを把握している女性なので、とにかく機転を利かせたり、先を読んだりということを意識しています。原作のドナというキャラクターの軸をぶらさずに、彼女を形作るポイントを大事に演じたいと思います」と分析。「せっかちではないんですけど、物事をスピーディーに進めることが得意という面は、自分自身と似ているかもしれません」と役への共感もすでに芽生えているよう。

 織田への印象を聞かれると「『踊る大捜査線』や『世界陸上』の印象が強くて、とにかく熱い方というイメージで、実際にお会いしたらイメージそのままの方でした。正直、勝手に少し怖い方なのかなとも思っていたのですが、とてもフレンドリーな方でした」と語り、息の合った掛け合いに期待が高まる。



関連写真

  • フジテレビ系“月9”ドラマ『SUITS/スーツ』に出演する中村アン (C)フジテレビ
  • (左から)織田裕二、中村アン (C)フジテレビ
  • フジテレビ系“月9”ドラマ『SUITS/スーツ』に出演する中村アン (C)フジテレビ
  • フジテレビ系“月9”ドラマ『SUITS/スーツ』に出演する中村アン (C)フジテレビ

オリコントピックス