• ホーム
  • 映画
  • NHK『ダーウィンが来た!』12年目で初映画化 野生の王国アフリカに迫る

NHK『ダーウィンが来た!』12年目で初映画化 野生の王国アフリカに迫る

 2006年4月にスタートした、NHK総合の動物ドキュメント番組『ダーウィンが来た!』(毎週日曜 後7:30)が、放送12年目で“初映画化”することが6日、明らかになった。これまで50ヶ国以上、500種以上の生き物たちを取材。来年1月公開の『劇場版ダーウィンが来た!アフリカ新伝説』では“野生の王国アフリカ”に迫る。

 同番組は、これまで灼熱の砂漠から赤道直下のジャングル、極寒の極地など、最新機材を駆使して取材を敢行。世界で初めて観察された動物を捉えるなど、生態に関する貴重な映像資料として高い評価を受けている。

 解禁された予告映像では、“野生の王国アフリカ”で躍動する肉食獣の狩りの姿や、ヌーの大移動、かわいい珍獣がひょっこりと木の隙間から顔を出す瞬間など、生き物たちの魅力にあふれた姿が満載。

 本作の軸となる“3つの感動的な物語”として「百獣の王へオスライオンの挑戦」、「子どものための母ライオンの奮闘」、「片腕を失った子どもゴリラの奇跡の家族愛」が紹介され、野生の中で懸命に生き抜く生き物たちのドラマを期待させる映像となっている。

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」



オリコントピックス