ドラマ&映画 カテゴリ

岡田准一“殺陣師”オファーに笑顔「仕事が増えましたね」

 人気グループ・V6岡田准一(37)が27日、都内で映画『散り椿』(9月28日公開)の完成披露試写会の舞台あいさつに木村大作監督(79)と登壇。木村監督は岡田の殺陣の技術を絶賛し、次作に出演がない場合でも「殺陣師として岡田准一に来てもらいたい」と公開オファーした。

【写真】その他の写真を見る


 岡田が演じるのは、かつては藩を追放されるも妻の最期の願いを胸に藩の不正や権力に立ち向かっていく男・瓜生新兵衛。道場の四天王の一人という役柄から約3ヶ月にわたって殺陣のけいこに励み、激しく鋭い剣豪アクションを披露する。

 先立って行われた完成報告会見で木村監督は「スピードに関して言ったら三船敏郎、高倉健、仲代達矢、勝新太郎を上回るスピードだね」と岡田の殺陣を絶賛し、「スピードだけって聞こえるかもしれないけど、殺陣はひとえにスピードです」と説明した。

 岡田は今作で殺陣を作り、殺陣のクレジットにも載っているほど。舞台あいさつでも木村監督は「きょう見る映画の殺陣は全て100%、岡田さんの殺陣でございます」と言い切り、「次、なにか機会あって時代劇をやるときに岡田さんじゃない俳優さんの場合、殺陣師として岡田准一に来てもらいたいと思っています」と熱望。会場からも拍手が起き、岡田は「仕事が増えましたね。ありがとうございます」と快諾していた。

 また、同作のプロモーションのため、木村監督はインスタグラムのアカウント開設を発表。1枚目の被写体として岡田ら出演陣が観客をバックに写った写真を撮影した。「それぐらいじゃOKしないよ!」と熱心に観客にディレクションしながら「いっぱいフォローしてくれよ。誰もやってくれないと恥かくから。封切りまで、ずっとやる!」と宣言。しかし、スマホに不慣れなこともあり「みなさんより下手くそかもしれない。俺が撮るからって、いいっていうことじゃない。それは断っとくよ」と釈明すると、岡田も「大作グラムをしっかりフォローしていただいて。さっきも車の中で、いっぱい撮ってましたよ」と呼びかけた。

 さらに木村監督は、同作に馬が16頭出ていることを猛アピール。「岡田さんが出ている『関ケ原』は最大で15頭しか走っていない。『散り椿』では16頭走ってます!」と岡田が出演した過去作と比較してアピール。岡田は「『関ケ原』に勝つと言って『16頭にしろ』って言って増やされたんですよね」と苦笑いで話すと、木村監督は「馬って1頭、高いんですよ」と鼻高々だった。

 同作は、日本を代表するキャメラマンとして活躍し、映画監督としても『劔岳 点の記』(2009年)で『第33回日本アカデミー賞』最優秀監督賞を受賞している木村氏が、3度目の監督作として挑んだ時代劇。撮影は富山、彦根、長野にて全編オールロケを敢行。豪華俳優陣による“美しい佇まいと生き様”が全編通して描かれた。

 舞台あいさつには、西島秀俊(47)、池松壮亮(28)、黒木華(28)が登壇した。

関連写真

  • 岡田准一 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『散り椿』完成披露舞台あいさつに登壇した岡田准一 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『散り椿』完成披露舞台あいさつに登壇した岡田准一 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『散り椿』完成披露舞台あいさつに登壇した西島秀俊 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『散り椿』完成披露舞台あいさつに登壇した池松壮亮 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『散り椿』完成披露舞台あいさつに登壇した木村大作監督 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『散り椿』木村大作監督のインスタグラム第1弾写真

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索