• ホーム
  • 芸能
  • 崎山つばさ『a-nation』で圧巻の殺陣披露 「テンションあがりすぎて…」

崎山つばさ『a-nation』で圧巻の殺陣披露 「テンションあがりすぎて…」

 2.5次元舞台『刀剣乱舞』などに出演し人気の俳優・崎山つばさ(28)が26日、東京・味の素スタジアムで行われた『a-nation 2018』の(東京公演)最終日ステージにオープニングアクトとして出演。自身初となるフェスのステージで歌と華麗な殺陣を披露し沸かせた。

刀ミュで注目の若手俳優・崎山つばさ「これからも貪欲に努力していきたい」


 イケメン和楽器ユニットの桜menと共に「崎山つばさ with 桜men」としての出演。客席から寄せる期待が渦巻く緊張感の中、まずはこの日限りのスペシャル衣装に身を包み2ndシングル「螺旋」を歌いあげた。

 続いて新体制となった桜menの演奏をバックに華麗な殺陣を披露。“2.5次元俳優”と“アーティスト”、2つの顔を持つ崎山ならではのパフォーマンスは、今年17回目を迎えた「a-nation」としても初の試み。青空の下、凛とした剣さばきを披露した崎山に、客席の女性ファンからは歓声があがり、崎山も「テンションあがりすぎて殺陣しちゃいました、すみません(笑)」と笑わせた。

 盛り上がりそのままに続けてライブでの定番曲「君の隣へ」を熱唱。「さあ、みなさん最後に一番盛り上がっていきましょう!」と拳をつきあげ、普段はクールな崎山が、ライブでしか見せないテンションのあがった様子に会場の盛り上がりも最高潮に達し、記録的な猛暑の中、堂々とオープニングアクトを務めきった。

 出番を終えた崎山は「絶対緊張するだろうなと覚悟はしていたんですが、意外と緊張しなくて自分でも驚きました」と頼もしい一言。「メンバー10人がいてくれたこと、そして何よりファンの方が来てくれたことが一番心強くて、今の自分にできることを届けられたのかなと思います。いつかメインステージでパフォーマンスしたいです!」と笑顔でコメントしていた。



関連写真

  • 崎山つばさ『a-nation』で圧巻の殺陣披露
  • 『a-nation』に初登場した崎山つばさ
  • 崎山つばさ『a-nation』で圧巻の殺陣披露
  • 崎山つばさ『a-nation』で圧巻の殺陣披露
  • 崎山つばさ『a-nation』で圧巻の殺陣披露
  • 崎山つばさ『a-nation』で圧巻の殺陣披露
  • 崎山つばさ『a-nation』で圧巻の殺陣披露

オリコントピックス