ドラマ&映画 カテゴリ

福井出身の津田寛治、念願の『チア☆ダン』出演も「福井弁使えない!」 石井杏奈の父役

 俳優の津田寛治が、31日放送のTBS系連続ドラマ『チア☆ダン』(毎週金曜 後10:00)第8話に出演。作品の舞台になっている福井県の出身であることから、昨年3月に公開された映画版の時から「地元・福井が舞台の物語なのに、なぜ出演しないのか?」と周囲から聞かれていた津田だったが、当時は先のスケジュールまで決まっていたこともあり出演は叶わず。そんな中で今回、再三のラブコールを受けて、念願の出演が決まった。

 津田が演じるのは、両親の離婚が原因で東京から福井西高校にやってきた転校生・桐生汐里の父・光俊。「打倒JETS! 全米制覇!」とありえない夢を豪語する猪突猛進の性格の汐里だったが、離婚してから連絡すらろくにしてこなかった光俊が現れて「アメリカに転勤することになったから一緒に行ってアメリカでチアダンスをしないか」と伝える。

 津田は「福井商業は地元民からしたらすごく有名な高校で、女の子がかわいいという評判も(笑)。その福井商業高校の『JETS』がチアダンスの全米大会で、結成わずか3年で優勝したというセンセ―ショナルなニュースを今でも覚えています。昨年からドラマへの出演を熱烈にオファー頂きまして、こちらからも熱烈にラブコールを送っていたのですが、中々調整が上手くいかず…。ですが、やっと今回、タイミングが合い出演が叶って喜びました」とコメント。

 続けて「いただいた役が、福井の人ではなく東京の人という設定で、『あー、俺のこの福井弁使えないのか!』と、思ってちょっと悔しかったです(笑)」と素直な思いを伝えながら、娘役の石井杏奈について「本当に素晴らしい女優さんです」と太鼓判。「彼女は幼い頃にダンスの大会でスカウトされたと言っていたので『センターでバリバリ踊っていたんだね』と聞いたら『いやいや私なんて端っこから2番目で踊っていたんですけど』って。端っこから2番目で踊っていてスカウトされるって、相当な逸材だなと思いました」と賛辞を送った。

 そんな石井と親子役を演じたことで、より作品に没頭できたようで「ドラマの役柄同様、ダンスの世界でがんばっているというのがリンクして、本当の父親になった気分で、熱い思いで演じさせていただきました。福井を舞台にした『チア☆ダン』に出られたこともうれしいですし、石井さんと親子になれたこともよかったです!」と呼びかけている。

オリコントピックス

メニューを閉じる