ドラマ&映画 カテゴリ

青木アナ、福本伸行とカメオ出演 手越との芝居に歓喜「腕を離せませんでした」

 日本テレビの青木源太アナウンサーと人気漫画家・福本伸行氏が26日放送の日本テレビ系『ゼロ 一獲千金ゲーム』(毎週日曜 後10:30)第7話にカメオ出演することがわかった。2人は、主人公・ゼロ(加藤シゲアキ)が挑むサバイバルゲームを主宰する在全(梅沢富美男)の手下・黒服を演じる。

 これまでも映画『カイジ』『カイジ2』など自身を原作とした作品に登場してきた福本氏は今回も出演を快諾。そして朝の情報番組『PON!』でも毎回熱いジャニーズ愛の持ち主として知られる青木アナも同ドラマに念願かなって出演。2人は残虐なクイズ司会者を演じた手越祐也のクランクアップシーンに参加した。

 黒いスーツ姿に黒サングラスという怪しい出で立ちで現れたた2人は、温かい拍手で迎えられ、和やかな雰囲気に。衣装に反して笑顔で現場入りした2人だが、撮影では無表情なコワモテになりきって手越を取り囲み、福本氏は、サングラスを外しながら、カメラ目線で決めゼリフをビシッと一言。それに対する、手越扮する小太郎のリアクションもみどころとなる。

 福本氏は、在全の秘書・峰子を演じる小池栄子が豆乳好きと聞き、豆乳とミックスジュースを現場に差し入れ。撮影の間にも加藤らキャストと談笑するなど1シーンのみの撮影ながら現場を活気づけた2人は日々ハードな撮影に打ち込んでいるキャスト・スタッフ陣を励ました。青木アナは終了後、「撮影中は20分ぐらい、手越さんと腕を組んでいたのが、とてもうれしくて、カメラが止まっても腕を離せませんでした(笑)」と興奮冷めやらぬ様子で感想を明かしていた。

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索