アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • 『悪人』『怒り』に続く吉田修一氏の傑作が映画化 綾野剛、杉咲花、佐藤浩市が出演

『悪人』『怒り』に続く吉田修一氏の傑作が映画化 綾野剛、杉咲花、佐藤浩市が出演

 2007年『悪人』、2014年『怒り』など多数の著書が映像化され、今最も注目を集めるベストセラー作家・吉田修一氏の最高傑作「犯罪小説集」の映画化が決定した。タイトルは『楽園』で、監督は『64-ロクヨン-』の瀬々敬久氏が務める。2019年公開予定。

 青田に囲まれたY字路――。ある夏の日、幼女誘拐事件が起こった。未解決のまま、住民の胸には罪悪感だけがしこりのように残り、事件直前まで被害者と一緒にいた紡は心に深い傷を負った。それから12年後、再びそこで2つの悲劇が起こる。少女が行方不明となり、町営住宅で暮らす豪士が容疑者として疑われた。

 追い詰められ、街へと逃れるが、そこで豪士は驚愕の行動に出るのだった―。そしてY字路に続く集落、愛犬と暮らす養蜂家の善次郎は、村おこしの事業を進めていたが、話のこじれから村中の非難を受け、村八分状態に。善次郎は狂気に陥り、恐るべき事件へと発展する。被害者の親友だった少女、容疑者の青年、そして限界集落で暮らす男。なぜ人は罪を犯すのか? なぜ自分だけ生き残ってしまったのか? それぞれの人生が交錯するとき、物語は衝撃のラストへと導かれる。

 主人公・豪士役には、演じる役柄の幅広さとその演技力が高く評価され、主演作多数の実力派俳優・綾野剛。『怒り』でも好演を魅せた綾野が、本作では容疑者の孤独な青年という難しい役どころに挑戦する。

 紡には、テレビ・映画で活躍する女優・杉咲花。心に負った深い傷を抱えながら、もがき生きる少女を熱演する。善次郎には、その存在感で作品世界を支える、日本を代表する俳優・佐藤浩市。狂気へと転落していく男の心情を安定の演技力で表現する。

■吉田氏・瀬々監督・出演者コメント全文

綾野剛
ただただ、そこに存在する事。映るのではなく、居る。それだけです。
杉咲さん、浩市さん、お二人との大切な時間を、愛おしく抱きしめながら過ごしたいと思います。

杉咲花
綾野さんとは、これまで何度か映画の授賞式などでお会いする機会があり、その度に「いつか一緒にやろうね」と声を掛けてくださっていたので、今回ついにご一緒させていただけることをとても嬉しく思います。そして4年前、映画の世界にほぼ初めて足を踏み入れたあの頃の私に、格好良くて優しいお人柄で、その背中で、色々なことを教えてくださった尊敬する佐藤さんとまたご一緒させていただけること、心から幸せに思います。
紡は難しい役ですが、どうか彼女がこの映画の中の一筋の光になりますように。
初めての瀬々組、心して臨みたいと思います!

佐藤浩市
人種、宗教、個人で心の折れ方バランスの崩れ方は多様です、人の数だけある。他人がそれを解りたいと思うのは日常の生活に余計な不安を取り除きたい、安心に暮らしていきたいという当然の思いです。しかし最後のスイッチが何処に在るのか?それは壊れていくその人自身にも分からない。
作者の吉田さんも監督の瀬々さんも、そして僕自身も、最後に背中を押されるその瞬間の人間の脆さ、怖さに目を向けていきたい。『楽園』はそれを体現する作品です。

吉田修一氏
私が描いた「犯罪」と、瀬々監督が思い描く「楽園」が、スクリーンの中でどのように響き合い、どのような「人間」のドラマを見せてくれるのか、今から楽しみでなりません。原作となる二つの短編から飛躍した大きな物語が、そこに生まれることを信じております。

瀬々敬久監督
人はどこかに楽園を探して生きているような気がする。一方で、日常は犯罪事件で覆われ、人々はそれを見聞きし、生活している。罪を犯す人も、それをワイドショーで追う自分らも、実はどこかで楽園を探しているのではないか。吉田さんの「犯罪小説集」を初めて読んだ時、そんな印象を与えられた。長年のファンである吉田さんの小説は、今回も犯罪を通して、生きる意味を問うていたのだ。何とか映画にしたいと思った。短編集を一本の長編映画の脚本にするには様々な格闘があったが、何とか形に出来たと思う。さらに俳優たちの参加。綾野剛さんの持つ繊細さと危うさ、杉咲花さんの凛とした純粋さ、映画に生々しい力を与えてくれると思う。そして今回は佐藤浩市さんに静謐な狂気を。そんな震える魂を共に描き、今までにない犯罪と人生の映画になることを目指し、現場に臨もうと思っています。



関連写真

  • 映画『楽園』に出演が決まった(左から)佐藤浩市、綾野剛、杉咲花
  • 原作となった吉田修一著『犯罪小説集』(C)角川書店

オリコントピックス