• ホーム
  • 映画
  • 沖縄のヒーロー『カメジロー』ドキュメンタリー映画続編製作決定

沖縄のヒーロー『カメジロー』ドキュメンタリー映画続編製作決定

 TBSテレビが初めて製作したドキュメンタリー映画『米軍(アメリカ)が最も恐れた男 その名は、カメジロー』の続編(『カメジロー2(仮)』)の製作が決定した。1年間の異例のロングラン上映が続いている沖縄・那覇市の桜坂劇場で12日に行われた、「1年間の上映御礼イベント」で佐古忠彦監督(TBS報道局)が発表した。

口コミ拡大興行が話題の『カメラを止めるな!』10位に初ランクイン


 2017年8月12日に同館で公開されて以降、全国80近くの劇場で上映。現在も全国各地で自主上映会が行われ、観客動員は7万人を超え、興行収入も8000万円を超えるなどドキュメンタリーとしては異例のヒットとなっている。

 第二次大戦後、米軍統治下の沖縄で唯一人、弾圧を恐れず、米軍に「NO」と叫んだ日本人政治家、沖縄のヒーロー、瀬長亀次郎の生き様を、関係者の証言や貴重な映像によって浮かび上がらせたドキュメンタリー。カメジローの演説会には毎回何万人もの人が集まり、 人々を熱狂させた。米軍はその存在を恐れ、さまざまな策略を巡らせたものの、カメジローは、 那覇市長、国会議員とポジションを変えながら闘い続けた。

『筑紫哲也NEWS23』でキャスターを務めたTBSテレビの佐古氏の初監督作品で、JNNに保管されていた貴重な未公開映像やインタビュー、アメリカ取材を交えて、カメジローの生き様を描き切った。テーマ音楽は坂本龍一のオリジナル。語りは山根基世と故・大杉漣さんが務めた。

 昨年の公開後は、沖縄、東京、大阪、神戸、名古屋など多くの劇場で、長蛇の列ができ、満席立ち見の回も相次いだ。日本映画ペンクラブが選ぶ文化映画部門第1位、日本映画復興賞、日本映画批評家大賞・ドキュメンタリー賞、世界最大級といわれるアメリカの映像祭・アメリカ国際フィルム・ビデオフェスティバルで銅賞にあたる賞など、数々の賞も受賞している。

 その中で、多くの観客から、亀次郎が不屈の精神を宿すに至った背景や妻、娘ら家族との時間に見える夫、父親の顔をもっと知りたい、という声が上がり、前作に盛りこめなかった素顔のカメジローをさらに浮き彫りにする続編の製作が決定した。200冊に及ぶ日記から新たに発掘したカメジローのことばを軸に、なおも続いた米軍との闘いとともに、家族との物語も描く。その歩みは、ひとりの政治家として、家庭人として、そして、何よりも一人の人間としての生き方は、日本中に新たな感動をもたらしそうだ。続編は、2019年、桜坂劇場 東京・ユーロスペースほか全国で順次公開予定。



関連写真

  • 続編の製作が発表されたドキュメンタリー映画『米軍が最も恐れた男 その名は、カメジロー』(公開中)(C)TBSテレビ
  • 『筑紫哲也NEWS23』でキャスターを務めたTBS報道局の佐古忠彦氏の初監督作品。続編も手がける(C)TBSテレビ

オリコントピックス