• ホーム
  • 芸能
  • 津川雅彦さんを追悼 10日・11日に『相棒』出演回を再放送

津川雅彦さんを追悼 10日・11日に『相棒』出演回を再放送

 テレビ朝日では、8月4日に亡くなった俳優の津川雅彦さんをしのび、人気ドラマ『相棒』の津川さん出演回を急きょ再放送することになった(いずれも関東ローカル)。

 あす10日の午後1時59分〜『相棒season7』初回2時間スペシャル「還流〜密室の昏迷(前編)」(2008年10月22日放送)。続けて、午後3時53分から同・第2話「還流〜悪意の不在(後編)」(08年10月29日放送)を再放送。

 警視庁特命係の杉下右京(水谷豊)と亀山薫(寺脇康文)は警察庁長官官房室長・小野田公顕(岸部一徳)に誘われ、代議士・瀬戸内米蔵(津川雅彦)の政治資金集めのパーティーに連れていかれる。そのホテルで偶然、高校時代の友人でNGOスタッフとして海外で活動している兼高公一(四方堂亘)を見かける薫。部屋を訪ねるが留守のためメモを残していくのだが…。ひとつの殺人事件をきっかけに、海外への支援物資をめぐる不正が暴かれ、その裏で暗躍した意外な人物が明らかになる(2話とも脚本:輿水泰弘/監督:和泉聖治)。

 11日は午後2時10分〜『相棒season16』300回記念スペシャル「いわんや悪人をや」前後編(18年1月24日、31日放送)を再放送。

 かつて杉下右京に捕らえられ、横領の罪で服役していた元法務大臣で僧侶の瀬戸内米蔵が仮出所の日を迎える。身元引受人は兄弟弟子の蓮妙(高橋惠子)。その出所は、刑務所の門前で待ち構えていた『週刊フォトス』の記者、風間楓子(芦名星)による、「瀬戸内米蔵、美貌の尼僧に迎えられて娑婆へ」の独占記事で世に知られることとなる。記事を読んだ冠城亘(反町隆史)は、法務省の役人時代、大臣としての米蔵に不満を抱いていたことをふと思い出す…。

 実家の「徹正院」に戻った米蔵は、荒れた寺の再興を決意。そんな米蔵を、さっそく元衆議院議員の片山雛子(木村佳乃)が訪ねてくる。雛子はあることを申し出、米蔵を驚かせる…。その後、徹正院には檀家総代の息子、常盤臣吾(矢野聖人)が顔を出すようになり、清掃など米蔵の手伝いを始める。その臣吾が、墓地の草取り中に、ほかの場所と比べて不自然に雑草が密集している場所を見つけ、スコップで掘り始めると、なんと、大部分が白骨化した遺体が土の中から現れる(脚本:輿水泰弘/監督:兼崎涼介)。



オリコントピックス