アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 葵わかな『ほん怖』初主演「涼しくなってもらえたらいいな」

葵わかな『ほん怖』初主演「涼しくなってもらえたらいいな」

 女優の葵わかなが、18日放送のフジテレビ系土曜プレミアム『ほんとにあった怖い話 ―夏の特別編2018―』(後9:00)に初出演にして初主演することが8日、わかった。葵はオムニバスドラマ『姿見』で、アルバイト先で仲良くなった同僚・藤本裕子(今田美桜)から姿見をプレゼントされたことをきっかけに恐怖体験するファミリーレストランの店員・近藤萌絵を演じる。

 台本を読むのも「怖かった」という葵だが「今回私は怖がらせる側なので、『ほん怖』を見たみなさんに怖がってもらえたらいいなと思います。夏まっただ中の放送ですし、涼しくなってもらえたらいいな」と呼びかけている。

 「お話をいただいた時には『えっ! こわい!』と思いました。怖いのがすごく苦手なので、どうなるんだろう?とちょっとドキドキしました」とビビリつつ、「まず文字で読むことが怖かったです。“姿見”は、家にある身近なものですし、女性はよく見るものですよね。鏡ってもともと怖いイメージもあって、不思議な部分もあるお話なんですが怖かったです」と台本の感想を語った。

 怖い話は苦手ながらも、ホラー映画は「友達と怖いもの見たさで時々見に行きます」と誰かと一緒だと楽しめるそうで「『ほん怖』は妹も好きで、夜だと怖くて見られないから録画して次の日の朝に見たり、兄弟みんなで見て一緒に寝ていました」とエピソードを明かした。

 プロデューサーの太田大氏は、「鏡は、誰もが毎日家やどこかしらで見る日常に溶け込んでいるものなのに、対象物を左右反転させて映すという“ずれ”を感じさせるような、怖い要素を元から持ち合わせているものだと思います。そんなそこはかとなく漂う不気味さを、葵さんのフレッシュでありながらも、どこか影を感じさせる繊細なお芝居で表現してくださるものと、お願いしました」と起用理由を語っている。
  
 同シリーズは1999年に放送スタートした夏の風物詩ともいえるオムニバス形式の実録心霊ドラマ。日本中から届いた実際に起きた心霊現象や不思議な体験を忠実にドラマで再現。恐怖VTRを見た稲垣吾郎をナビゲーターとした“ほん怖クラブ”のメンバーたちが、スタジオで怖さを吹き飛ばすおまじないを唱える。葵のほかにも神木隆之介、菜々緒、ガンバレルーヤ、平祐奈らの主演作が発表されている。



オリコントピックス