• ホーム
  • 芸能
  • 亀梨和也主演『東野圭吾 手紙』劇中写真&特報映像初公開

亀梨和也主演『東野圭吾 手紙』劇中写真&特報映像初公開

 亀梨和也KAT-TUN)が主演するテレビ東京のドラマスペシャル『東野圭吾 手紙』が、今冬に放送されることが明らかになった。亀梨演じる主人公・武島直貴が、陰のある表情を見せる劇中写真も初公開 。さらに、4日深夜に同局で放送される『ABChanZOO』(毎週土曜 深1:15)内で、「ドラマスペシャル『東野圭吾 手紙』」の特報映像(15秒)が初放送され、その後、番組ホームページで公開される。

 映画化、舞台化もされている、東野圭吾の小説『手紙』のドラマ化作品。犯罪加害者の弟となってしまった主人公が、周囲の差別や偏見に苦しみながらも、やがて自分の家族を持つまでの軌跡を、劇中で交わされる兄弟の手紙を通して、丁寧に描いていく。

 原作者の東野氏は、今回のドラマ化にあたり「『手紙』は、私自身が答えを探しながら書き継いでいった作品です。亀梨さんも、演技を通じて何らかの答えを発見されるのでは、と思います」とコメント。“強盗殺人犯の弟”という運命を背負う武島直貴という役柄に対し、亀梨自身も「撮影中は何かに悶々とする時間になると思うので、それを抱えられる自分でいたいと思っています」 と、熱い決意を語っていた。

 亀梨がテレビ東京のドラマに主演するのも、そもそも出演するのも今回が初。
同局の田辺勇人プロデューサー(制作局ドラマ制作部)は「普段の亀梨さんを消して欲しい。武島直貴として生きて下さい。そう亀梨さんにお伝えしてから撮影が始まった『東野圭吾 手紙』。1つ1つのせりふ、目線や相づち、ちょっとした仕草にも“強盗殺人犯の弟として生きる”亀梨さんの姿がそこにはありました」と、満足げ。「進学・恋愛・就職・結婚と流れていく時間。その中で、出会う人々と、交わされる兄との手紙のやりとり。難しい役柄にも関わらず、正しく真摯に、その時間と向き合った亀梨さんの姿にご期待いただければと思います」と、自信を深めている。

■ドラマスペシャル『東野圭吾 手紙』特報映像
http://www.tv-tokyo.co.jp/tegami/
※8月4日 深1:45公開



オリコントピックス