アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • 『ターミネーター』最新作、キャメロン×シュワルツェネッガーがカムバック

『ターミネーター』最新作、キャメロン×シュワルツェネッガーがカムバック

 世界中を虜にした映画『ターミネーター』(1984年)、『ターミネーター2』(91年)の伝説を築いた3人のレジェンドが約30年ぶりに集結。製作ジェームズ・キャメロン、そしてアーノルド・シュワルツェネッガー、リンダ・ハミルトンの再演が実現する「ターミネーター」最新作(タイトル未定、2019年日本公開予定)の初画像が全世界で解禁された。

 今回解禁された画像には3人のクールな装いのキャラクターが登場。左からダニ・ラモス役のナタリア・レイエス、グレース役のマッケンジー・デイヴィス、そして『ターミネーター』『ターミネーター2』に続いてサラ・コナー役のリンダ・ハミルトンだ。

 サラ・コナーと言えば、過去作では世界の命運を握る息子のジョン・コナー、そして世界の滅亡を防ぐために人類たった一人で奮闘する姿が記憶に残る。そんな孤独な戦いを続けてきた彼女は本画像でも唯一銃を持ち武装しているが、彼女はここに至るまでに一体どのような人生を歩んできたのだろうか。また本作はいつの時代設定なのか。そしてそれぞれのキャラクターの詳細は…。サラ・コナーの戦いの行く末も見届けたい。

 世代を超えて愛される名作となった「ターミネーター」シリーズ。特に『ターミネーター2』は、全米で2億484万ドルを記録し、1991年の年間興行収入ランキングでは堂々1位に輝いている。劇中のシュワルツェネッガー扮するターミネーター:T-800 が溶解炉に沈むクライマックスシーンの「I’ll be back」は、誰もが一度は聞いたことのある伝説の名せりふだろう。

 そんな伝説の作品『ターミネーター2』以来、プロデューサーに復帰しストーリーも手掛けるのは「ターミネーター」の生みの親であるジェームズ・キャメロン。監督を務めるのはVFX業界出身の注目監督ティム・ミラー(『デッドプール』)。彼は「当時の映画はまるで予言だ」と言い、「キャメロンが製作した『ターミネーター』と『ターミネーター2』で描かれた多くの事(人工知能やロボットなど)が、いまや現実味を帯びつつある」と付け加え、関連が深い現代だからこそ続編を作る意義があることを説明する。

 最新作の詳細については明らかになっていないが、キャメロンが呼び寄せたメインキャストは当然シュワルツェネッガー(T-800)とリンダ(サラ・コナー)だった。シュワルツネッガーは「T-800 を演じられることを楽しみにしている。『T2』以来)ジェームズ・キャメロンが全体的な監修をするわけだから、すごい作品になるよ」とコメントしており、最新作は『ターミネーター2』の続編的な扱いの作品になるとも言われている。

 『ターミネーター』では悪役、『ターミネーター2』ではヒーローを演じたシュワルツェネッガー。28年ぶりにオリジナルキャストが集結し、未来と現在のキャラクターが登場すると言われている最新作ではどんな立場を演じることになるのか。続報にも注目だ。

■スタッフ
監督:ティム・ミラー
製作:ジェームズ・キャメロン、デイヴィッド・エリソン
■キャスト
アーノルド・シュワルツェネッガー
リンダ・ハミルトン
マッケンジー・デイヴィス
ナタリア・レイエス
ガブリエル・ルナ
ディエゴ・ボネタ



オリコントピックス