アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 美人大学職員ボディコンテストで入賞 理想は「肩が大きいV字ボディ」

美人大学職員ボディコンテストで入賞 理想は「肩が大きいV字ボディ」

 東京ビッグサイトで開催された日本最大級のスポーツ・健康産業総合展示会「SPORTEC2018」にて、俳優・金子賢がプロデュースするイベント『SSA×SPORTEC GRAND PRIX(サマースタイルアワード×スポルティック グランプリ)』が行われた。

【写真】その他の写真を見る


 同イベントは、『サマースタイルアワード(以下SSA)』から選び抜かれた選手が一堂に会し、プロ・アマチュア関係なく、部門ごとにその肉体美を競い合う。SSAのテーマでもある“健康的でたくましく、スタイルが良く、かっこよさを追求”した男女が次々とステージ上に登場し、美しくポーズを決める様は見応えも十分だ。

 この日、ビューティフィットネスモデル部門で3位入賞を果たしたのは、明るく朗らかな笑顔が印象的な渡辺美桜さん。大学の職員として働きながら、2年前からトレーニングを続けている。

「フィットネスの大会は会場の照明が暗めで、音楽も大音量で流れていることが多いのですが、今日はステージも客席も明るくて思ったより緊張してしまいました(笑)」

 3位という結果に「納得しています」と清々しく語る渡辺さんは、昨年『ベストボディ・ジャパン』で大会デビュー。今年のSSAの横浜大会で2位入賞後、『フィットネススタージャパン』の「Women’s fitness model・ミディアム・トール」部門でも1位を獲得している。

「トレーニングを始めたきっかけはダイエットです。最初はやせたくてジム通いを始めたんですが、いろいろ試行錯誤していく中で、(理想のボディを手に入れるには)有酸素運動だけじゃダメだとわかって、筋トレもしてみようと思って」

 そんな渡辺さんにとって、ボディメイクの魅力は「やればやっただけ、100%結果がついてくる」ところ。

「仕事でも私生活でも、思い通りにいかないことってたくさんありますよね。でも、体作りに関しては、自分で決めたことや勉強したことをきちんとこなしていけば、ちゃんと自分に返ってくる。だからやりがいも大きいし、心から楽しいと思えるんです」

 目指すのは「ただ細いだけでなく、肩が大きくて、ウエストにかけてVラインができるメリハリのある体型」。理想のボディに近づくために、肩とお尻のトレーニングには、とくに力を注いでいる。

「この後(8月11日)にはSSAの決勝大会を控えているので、そこでもう少し順位を上げていきたいです。もちろん、目指すは優勝です!」



関連写真

  • 『SSA×SPORTEC GRAND PRIX』ビューティフィットネスモデル部門で3位入賞を果たした渡辺美桜さん。撮影/徳永徹 (C)oricon ME inc.
  • 自慢のヒップと肩を披露する渡辺美桜さん。撮影/徳永徹 (C)oricon ME inc.
  • 入賞を喜ぶ渡辺美桜さん。撮影/徳永徹 (C)oricon ME inc.
  • 7月25日に開催された『SSA×SPORTEC GRAND PRIX』 撮影/徳永徹 (C)oricon ME inc.
  • 7月25日に開催された『SSA×SPORTEC GRAND PRIX』 撮影/徳永徹 (C)oricon ME inc.
  • 7月25日に開催された『SSA×SPORTEC GRAND PRIX』 撮影/徳永徹 (C)oricon ME inc.
  • 7月25日に開催された『SSA×SPORTEC GRAND PRIX』 撮影/徳永徹 (C)oricon ME inc.

オリコントピックス