• ホーム
  • 音楽
  • 沢村一樹、“月9”主題歌担当の家入レオに無茶振り「ちょっとだけ歌って」

沢村一樹、“月9”主題歌担当の家入レオに無茶振り「ちょっとだけ歌って」

 シンガーソングライターの家入レオが、主題歌「君を許せたら」(8月1日発売)を担当するフジテレビ系連続ドラマ『絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜』(毎週月曜 後9:00)の撮影現場を表敬訪問。主演の沢村一樹と対面した。

 お台場で行われたリリース記念イベント終了後に駆けつけた家入は、ドラマのメイン舞台・ミハンシステム・ルームに“潜入”。「おつかれさまです! お忙しいところお邪魔します。いつもドラマ楽しみに拝見しています! 沢村さんのシリアスな演技がすてきでとても引きこまれてます!」と沢村にCDをプレゼント。

 沢村は「サイン書いてよ〜。主題歌、すごくドラマにピッタリでエンディングでキュンとくるんだよね。ほんとに主題歌にドラマが合わせてる、と思えるくらい。ちょっとだけ歌ってよ。♪もし君を〜、って」と無茶振り。家入が一節だけアカペラで披露する「うまいっ! 歌手みたいだね!!」と喜んで、その場の笑いを誘った。

 さらに「以前一度会ったときはいつだったっけ? 確か制服を着てたような。16歳? 今、23歳? 23歳には思えないね〜。どうしたら歌もそうだしそんなに大人っぽくなるの?いろいろ経験をしてきたんだね〜?」と“舌好調”で「ドラマも今日で第4話。見どころ? そうね、先に犯人から教えちゃおうか?」とにやり。

 「今回は本田翼ちゃんが銀行に潜入するんで銀行員の制服を着ててそれがかわいいし、体中にいっぱいあざをつくってのアクションも見もの。ドラマの今後の展開への仕掛けがたくさんちりばめられてるんでこれ以上言えないなー。自分でも毎回台本をもらって読んでビックリしてるくらい。放送を楽しみにしてほしいです」と呼びかけている。



オリコントピックス