アニメ&ゲーム カテゴリ

劇場版「Fate/stay night [HF]」第二章、来年1・12公開

 昨年10月14日より全国公開され、興行収入15億円、観客動員数98万人を突破した『劇場版「Fate/stay night [Heaven’s Feel]」I.presage flower』。その第二章[lost butterfly]の公開日が、来年(2019年)1月12日であることが、28日に千葉・幕張メッセで開催された『Fate/Grand Order Fes. 2018 〜3rd Anniversary〜』で発表された。併せて、須藤友徳監督が描き下ろした第二章の第2弾キービジュアルも公開された。公開館数は、全国131館を予定。8月4日からは全国の公開劇場で第1弾特典付き前売券が発売開始される。

 手にした者の願いを叶えるという万能の願望機「聖杯」をめぐる物語を描いたヴィジュアルノベルゲーム『Fate/stay night』。その最終ルート[Heaven's feel](通称・桜ルート)が全三部作で劇場版アニメ化される。アニメーション制作は14年にテレビアニメ版『[Unlimited Blade Works]』を手掛けたufotable。キャラクターデザイン・作画監督として数々のTYPE-MOON作品のアニメ化を手掛けてきた須藤氏が監督を務める。

 第二章は、三部作の分岐点を描く最重要エピソード。俺の戦うべき相手は――まだこの街にいる。少年は選んだ、自分の信念を。そして、少女を守ることを。魔術師<マスター>と英霊<サーヴァント> が願望機「聖杯」をめぐり戦う「聖杯戦争」。10年ぶりに冬木市で始まった戦争は、「聖杯戦争」の御三家と言われた間桐家の当主・間桐臓硯の参戦により、歪み、捻じれ、拗れる。臓硯はサーヴァントとして真アサシンを召喚。正体不明の影が町を蠢(うごめき)き、次々とマスターとサーヴァントが倒れていった。

 マスターとして戦いに加わっていた衛宮士郎もまた傷つき、サーヴァントのセイバーを失ってしまう。だが、士郎は間桐桜を守るため、戦いから降りようとしなかった。そんな士郎の身を案じる桜だが、彼女もまた、魔術師の宿命に捕らわれていく……。「約束する。俺は――」 裏切らないと決めた、彼女だけは。少年と少女の切なる願いは、黒い影に塗りつぶされる。

■スタッフ:
原作:奈須きのこ/TYPE-MOON
キャラクター原案:武内崇
監督:須藤友徳
キャラクターデザイン:須藤友徳・碇谷敦・田畑壽之
脚本:桧山彬(ufotable)
音楽:梶浦由記
制作プロデューサー:近藤光
アニメーション制作:ufotable
配給:アニプレックス

■キャスト
衛宮士郎:杉山紀彰
間桐 桜:下屋則子
間桐慎二:神谷浩史
セイバーオルタ:川澄綾子
遠坂 凛:植田佳奈
イリヤスフィール・フォン・アインツベルン:門脇舞以
藤村大河:伊藤美紀
言峰綺礼:中田譲治
間桐臓硯:津嘉山正種
衛宮切嗣:小山力也
ギルガメッシュ:関智一
ライダー:浅川悠
アーチャー:諏訪部順一
真アサシン: 稲田徹

■公式ホームページ
http://www.tv-tokyo.co.jp/footbrain/



関連写真

  • 『劇場版「Fate/stay night [Heaven’s Feel]」II.lost butterfly』(2019年1月12日公開)須藤友徳監督描き下ろし第2弾キービジュアル(C)TYPE-MOON・ufotable・FSNPC
  • 8月4日発売開始、第1弾前売券ビジュアル(C)TYPE-MOON・ufotable・FSNPC
  • 8月4日発売開始、第1弾前売券特典クリアファイル(C)TYPE-MOON・ufotable・FSNPC
タグ

オリコントピックス