• ホーム
  • 芸能
  • 【18年4月期ドラマ賞】『おっさんずラブ』吉田鋼太郎、人生初“ヒロイン役”で俳優賞受賞

【18年4月期ドラマ賞】『おっさんずラブ』吉田鋼太郎、人生初“ヒロイン役”で俳優賞受賞

 オリコンによるエンタテインメントビジネス誌『コンフィデンス』が主催し、有識者と視聴者が共に支持する質の高いドラマを表彰する「コンフィデンスアワード・ドラマ賞」が、18年4月期(第12回)の結果を発表。「助演男優賞」には、“おっさん同士”のピュアな恋愛模様を描いた土曜ナイトドラマ『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)で、主人公を心の底から愛するキュートな“ヒロイン”を好演した吉田鋼太郎が受賞した。

◆“アラ還”吉田の可愛すぎる演技が、視聴者の心をわし掴みに

 吉田が演じたのは、天空不動産の営業所で部長職に就く黒澤武蔵。厳しくも情に厚く、その男気あふれる姿勢から、社内はもとより、部下である主人公の春田創一(田中圭)からも信頼される存在だったが、ある日、そんな春田に恋心を抱くという役どころ。

 それまでは春田の隠し撮り写真を溜め込むことで自身の気持ちを抑えてきたが、妻との結婚30周年を迎えたのを機に妻に“カミングアウト”し、春田に猛アプローチ。依然として周囲には“理想の上司”然としながらも、春田の前では乙女モード全開で彼を“はるたん”と呼び、手作りのキャラ弁をこしらえたり、スマホでの連絡では可愛いスタンプを送ったり…。

 同性を好きになるという一見難しいテーマを描きながらも、吉田がひたすら主人公に愛情を注ぎ、可愛らしく“ヒロイン”を演じたことで、視聴者に違和感を抱かれることなく魅力的なキャラクターとして支持された。なお、吉田の受賞コメントは以下の通り。

■助演男優賞:吉田鋼太郎

 このような賞をいただけるとは思っておりませんでした。大変うれしく、光栄に思っております。『おっさんずラブ』は、男性が男性に恋をするという題材的にめずらしい作品ではありましたが、キャスト、スタッフ全員が真正面から取り組んで、視聴者の皆様から温かい声援と、「今までにないドラマだった」という評価の声をたくさんいただきました。あまりにも反響が大きくて驚いていたところもあるのですが、その声に励まされて、がんばれていたのではないかと思います。ご声援本当にありがとうございました。 この作品は、僕の人生初のヒロイン役です。この先、ヒロインをできる機会はなかなかないと思いますので、記念すべき作品になりました(笑)。

※「コンフィデンスアワード・ドラマ賞」とは、オリコンのグループ会社oriconMEが発行する、週刊エンタテインメントビジネス誌『コンフィデンス』が主催し、有識者と視聴者が共に支持する「質の高いドラマ」を表彰する賞。視聴者の評価は、『コンフィデンス』が毎週、約700名を対象に調査しているドラマ満足度調査「オリコンドラマバリュー」の累積平均データを使用。審査員の投票結果と合計したうえで、最終的には有識者18名による審査会で決定する。



関連写真

  • キュートすぎる“ヒロイン=黒澤部長”を好演! 「第12回コンフィデンスアワード・ドラマ賞」で「助演男優賞」を受賞した吉田鋼太郎 (撮影:逢坂聡)
  • ピュアすぎるラブストーリーが展開された『おっさんずラブ』 (C)テレビ朝日
  • 黒澤部長が主人公の春田に心奪われたシーン (C)テレビ朝日

提供元:CONFIDENCE

【最新号】コンフィデンス 2018年10月22日号 詳細はコチラ バックナンバー 一覧

最新号コンフィデンス2018年10月22日号

<COVER STORY>
湯浅政明氏(アニメーション監督 サイエンスSARU 代表)
最大公約数の誰もがおもしろがれるところで
自分ができることを探りたい

<SPECIAL ISSUE>
「15th TIMM」開催、「ANiUTa」にも新たな動き
海外展開最新レポート

お問い合わせ

オリコントピックス