• ホーム
  • 映画
  • 福士蒼汰&杉咲花 vs フィッシュボーン 映画『BLEACH』緊迫の冒頭映像が解禁

福士蒼汰&杉咲花 vs フィッシュボーン 映画『BLEACH』緊迫の冒頭映像が解禁

 俳優の福士蒼汰主演で久保帯人氏の人気漫画を実写化する映画『BLEACH』(佐藤信介監督)において、主人公・黒崎一護(福士)が死神代行として歩むきっかけとなる、フィッシュボーンとの戦いが収められた緊迫の冒頭映像が26日に解禁した。

 同作は、幽霊が見えること以外は普通の高校生・一護が、死神を名乗る謎の女・朽木ルキア(杉咲花)から力を譲り受け、家族と仲間を守るために人間の魂を喰らう悪霊=虚<ホロウ>と死闘を繰り広げる…というストーリー。

 そのほか、一護のクラスメイトで死神に対抗する“滅却師(クインシー)”一族の生き残り・石田雨竜(吉沢亮)、掟を破ったルキアを追う死神の阿散井恋次(早乙女太一)、ルキアの兄でとてつもない力を持つ死神・朽木白哉(MIYAVI)との対決シーンなど、迫力あふれる死神たちの熾烈な激闘シーンが満載となっている。

 このほど、解禁したのは、一護が普通の高校生から死神として生まれ変わる、緊迫のフィッシュボーン戦が収められた冒頭映像。ある日突然、フィッシュボーンと呼ばれる悪霊・虚<ホロウ>が一護の家族を襲い、助けに入ったルキアはフィッシュボーンの攻撃を受けてしまい、瀕死の状態に。

 絶望的な状況下、ルキアは最後の手段として、本来は人間に譲ってはいけない死神の力を一護に分け与えることを決断する。死神が持つ特殊な刀で虚<ホロウ>を斬り伏せ、罪を浄化し、その魂を尸魂界へと送ることが出来る刀“斬魄刀(ざんぱくとう)”を一護の胸の中心に刺し、ルキアの力を注ぎこむことで死神化することができるが、しくじれば二人とも死ぬという究極の選択を迫られた一護。フィッシュボーンが迫りくる中、大切な家族を傷つけられた悔しさから闘志に火を付け、覚悟を決めた一護は、命を懸けて自らの胸に斬魄刀を突き刺す……。



オリコントピックス