• ホーム
  • 芸能
  • かたせ梨乃、強欲でプライドの高い女社長を「蛾(が)のように」熱演

かたせ梨乃、強欲でプライドの高い女社長を「蛾(が)のように」熱演

 俳優の綾野剛が “企業買収”のスペシャリスト・鷲津政彦に扮し、「ハゲタカ」とバッシングを受けながらも日本の名門企業を次々と買収し、再生していく、テレビ朝日系ドラマ『ハゲタカ』(毎週木曜 後9:00)。26日放送の第2話で描かれるのは、日本有数の寝具メーカーを巡る買収劇。メインゲストとして、寝具メーカー「太陽ベッド」の2代目女社長・中森瑞恵役でかたせ梨乃が出演する。

「平成という時代」が共通点 『半分、青い。』『ハゲタカ』『ラストチャンス』【記者コラム】


 大手都市銀行・三葉銀行から太陽ベッドの債権、約300億円分を40億円で譲り受けた鷲津。経営者一族の常軌を逸した浪費と乱脈経営で債務が膨れ上がっていた太陽ベッドに対し、鷲津は経営陣の撤退と民事再生法適用の申請を迫る。

 しかし一筋縄ではいかないのが中森一族。会社を私物化して浪費を繰り返し、“社長”という座に固執するプライドの高い瑞恵は、鷲津を「薄汚い外資のハゲタカ」と罵り、要求に耳を貸そうともしない。

 一方で「金と腐った企業の匂いは逃さない」が信条の鷲津も、中森一族と太陽ベッドの実態を徹底的に探りあげ、経営陣にプレッシャーをかけていく。ひと筋縄ではいかない同族経営会社を、鷲津がどのようにねじ伏せていくのか。

 今回、強く堂々とした物言いで、男性とも対等に渡り合うアクの強い女社長を熱演したかたせは「瑞恵のような悪い女性は、自分の中に少しでも迷いがあると演じられません。常に自分の考え・行動を正当化して生きてきた、という女性像を作って臨みました。男性の俳優さんばかりの中での撮影でしたので、その中を蝶(ちょう)、いえ蛾(が)のように飛び回らせていただきました(笑)。

 綾野剛さんとは、この作品で初めてお目にかかったのですが、ナイーブでジェントルマン。演じることだけでなく、現場の空気を鋭い視線でつかみとっていらっしゃる方でした。一緒の場面にいるといろいろなアイデアが湧いてきて、それを綾野さんに受け止めていただき、本当に楽しかったです!」と、話していた。



関連写真

  • 木曜ドラマ『ハゲタカ』第2話(7月26日放送)かたせ梨乃演じる老舗ベッドメーカーの女社長(左)vs綾野剛演じる外資の買収屋(C)テレビ朝日
  • 欲にまみれ、会社を私物化する女社長を熱演(C)テレビ朝日

オリコントピックス