• ホーム
  • 映画
  • 『コード・ブルー』初のファンミーティング 山下智久らが弾丸ツアーで日本縦断

『コード・ブルー』初のファンミーティング 山下智久らが弾丸ツアーで日本縦断

 2008年のドラマ1st Season放送から今年で10周年を迎え、27日から劇場版も公開される『コード・ブルー』。10年分の感謝の気持ちを込め、主要キャストの山下智久新垣結衣戸田恵梨香比嘉愛未浅利陽介5人が21日・22日の2日間、札幌・名古屋・大阪・福岡の4都市で初のファンミーティングを開催した。各会場では、自身初となる映画のイベントMCを担当したり、山下が自撮り棒でファンとの記念写真を撮ったりなど、存分にファンとふれ合いを楽しんだ。

 イベントには、札幌・1万5200通、名古屋・2万5500通、大阪・3万7000通、福岡・2万2000通と膨大な数の応募が寄せられ、そのなかから約4000人が参加を果たした。真夏の日本全国約3400キロを2日間で“走破”するまさに弾丸ツアー。5人はファンへのサプライズ企画として各会場に登場し、ファンにとってもキャストを間近に見られるまたとない機会となった。

 大阪から福岡への移動の際には、福岡空港で雷の影響により、直接福岡に到着できず、熊本空港から陸路で福岡に向かうなど、トラブルにも巻き込まれたという。しかし、そこはチーム「コード・ブルー」。キャスト、スタッフの抜群のチームワークで、福岡でのファンミーティングを無事実施し、日本縦断ツアーを完走した。

 MCは会場ごとに各キャストが持ち回りで担当(札幌・大阪=山下、名古屋=新垣&戸田、福岡=比嘉&浅利)。山下は「まいど! きょうは短い間やけど楽しんでってな〜!」、新垣は「お待たせ〜。福岡のみなさん好いとおよ」、など各地の方言であいさつし、気さくな雰囲気でファンたちを喜ばせていた。



関連写真

  • 日本縦断ツアーを行った(左から)比嘉愛未、新垣結衣、山下智久、戸田恵梨香、浅利陽介(C)2018「劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-」製作委員会
  • 名古屋で司会を努めた(左から)戸田恵梨香、新垣結衣(C)2018「劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-」製作委員会
  • 福岡で司会を努めた(左から)浅利陽介、比嘉愛未(C)2018「劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-」製作委員会

オリコントピックス