アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 香川真司、コロンビア戦の先制PK回顧「あのような場面に弱いと言われていた」

香川真司、コロンビア戦の先制PK回顧「あのような場面に弱いと言われていた」

 サッカー日本代表の香川真司選手(29)が19日、都内で行われたタグ・ホイヤー主催イベントのトークイベントに出席。『ロシアW杯』の激闘を終えた香川選手は、集結した大勢の報道陣を前に「W杯が終わって、注目度が上がっていることは、皆さんの顔を見ればわかる」とほほ笑んだ。

【写真】その他の写真を見る


 トークセッションでは「プレッシャー」について話が及び、香川選手が決めたコロンビア戦での先制PKが話題に。「まだ前半3分、あのシチュエーションは想像しづらい。でもPKの練習は日頃からしていて自信はあった」と切り出すと「いつも通りやるだけと。相手キーパーの分析もしてきましたし、無駄なことを考えず、とりあえず“無”になろうと、ただただ集中しました」と振り返った。

 先制点をもぎ取り、感情を爆発させたゴールパフォーマンスも記憶に新しい。少し照れ笑いを浮かべた香川選手は「アジアカップのPKしかり、あのような場面に弱いと言われていた。サッカー選手はピッチで証明しないと説得力がない。そんな気持ちもあって声が出ちゃいましたね」と語っていた。

 また、西日本豪雨で被災した子どもたちへの緊急支援として『グローバルチャリティオークション』を実施することも発表。本イベントで香川選手が着用した、同ブランドとのコラボモデル『アクアレーサー キャリバー5 香川真司 エディション』(※サインボックス、サインユニフォーム付き)を23日午後6時〜31日午後11時59分まで、タグ・ホイヤーの公式サイトにて出品する。



関連写真

  • 香川真司選手 (C)ORICON NewS inc.
  • 着用した時計をチャリティオークションに出品へ (C)ORICON NewS inc.
  • 香川真司選手 (C)ORICON NewS inc.
  • 「タグ・ホイヤー」スペシャルトークイベントの模様 (C)ORICON NewS inc.
  • 「タグ・ホイヤー」スペシャルトークイベントの模様 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス