アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 佐々木蔵之介、初の恋愛ドラマ主演 『黄昏流星群』で中山美穂、黒木瞳が共演

佐々木蔵之介、初の恋愛ドラマ主演 『黄昏流星群』で中山美穂、黒木瞳が共演

 俳優の佐々木蔵之介、女優の中山美穂黒木瞳が、10月にスタートするフジテレビ系連続ドラマ『黄昏流星群』(毎週木曜 後10:00)に出演することが19日、わかった。佐々木は、同局ドラマ初主演にして、初の恋愛ドラマで主演を務める。

【写真】その他の写真を見る


 原作は1995年から『ビッグコミックオリジナル』(小学館)で連載されている弘兼憲史氏による同名漫画。ドラマでは、短編オムニバスとなっている原作の中から、傑作の一つといわれている第1集「不惑の星」をベースに、人生の折り返し地点を通り過ぎた男と女が図らずも落ちてしまったあらがえない運命の恋、その恋を取り巻く大人たちの人間ドラマを丁寧に描く。

 主人公のエリート銀行員に佐々木、その献身的な妻に中山美穂、そして主人公が恋に落ちる運命の女性に黒木瞳と、豪華キャストが集結。人生に恋に葛藤し交錯する男女3人を重厚に演じる。

 メインキャストの3人はクランクインしたばかり。初の恋愛ドラマで主演に挑む佐々木は「照れながらも、思いっきりやらせていただくだけです(笑)」と話し、視聴者に向け「“人生の黄昏時だけれども、まだこの先がある、ここから流星のように輝く”というタイトルです。“まだ今面白いぞ、これから楽しめるんだ”というようなことを、なかなか日常では難しいかもしれませんが、このドラマで一緒に夢見て、擬似体験していただけたら、うれしいですね」とメッセージ。

 娘の婚約者と禁断の恋に落ちる役を演じる中山は「(最初に聞いた時は)あり得ない!と思いましたね」と笑いつつも、自身の役どころについて「私が演じる真璃子という役も最初は“黄昏期”に立ち止まっていますが、物語が進むにつれて、色んなことにぶつかり、どんどん変化していくので、その変化する姿を見せられたら、と思っています」と力を込める。

 単発ドラマ『恋する大人のドラマスペシャル 黄昏流星群〜星降るホテル〜』(2012)に出演経験がある黒木は「原作や作品のテイストは知っておりました。1番最初のエピソードだということで、ずいぶん前に書かれた原作をこの現代でどういうアレンジになるのか、というところにたいへん興味がわきました。(脚本を読んでみて思ったのは)まさに“純愛”です。大人だからこそ共感できるところがたくさんありました」明かし「癒やしや安らぎ、刺激や興奮のつまった大人の方々が楽しめる作品になると思いますので、ご期待いただければと思います」と呼びかけている。



関連写真

  • ドラマ『黄昏流星群』に出演する(左から)黒木瞳、佐々木蔵之介、中山美穂(C)フジテレビ
  • 夫婦を演じる(左から)佐々木蔵之介、中山美穂(C)フジテレビ
  • 佐々木蔵之介が恋に落ちる黒木瞳(左)(C)フジテレビ
  • ドラマ『黄昏流星群』に出演する佐々木蔵之介(C)フジテレビ
  • ドラマ『黄昏流星群』に出演する中山美穂(C)フジテレビ
  • ドラマ『黄昏流星群』に出演する黒木瞳(C)フジテレビ

オリコントピックス